😺

AKSのメトリックの違い

2021/10/04に公開約900字

はじめに

Azure Kubernetes Service(AKS)の監視項目のメトリックでメモリの使用率をノードごとにトラッキングしたいと思っていたら、同じような項目が2つあったのでまとめました。

Container InsightsをONにした状態で下記2つの項目がありましたが、値が違いました。

自分の環境で前者が60%で後者が40%になっているノードがありました。

CapacityとAllocatableの違い

調べると使用メモリの総量は変わらないので、分母が違うということでkubectl node describe <node id>で調べてみると、メモリの分母となりうるのが2つありました。

1つはCapacityでもう1つはAllocatableです。
違いはこんな感じです。(kubernetesドキュメントより引用)

Allocatableの方が小さくなるので、60%になっている方がAllocatableを基準にした値になっているということですね。

運用上どちらを使うか

こちらは好みなのでどちらでも良いと思いますが、kubectl node describe <node id>で得られるAllocated resourcesの割合はAllocatableを基準にしてるので、こちらに合わせたほうが良いかと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます