🌐

MILC code のコンパイルと実行

1 min read

おそらく専門家以外は興味がないであろうが、備忘録として。

MILC とは、格子QCDのコードであり、色々できる。

https://usqcd-software.github.io/MILC.html

まず2020/10/21時点で、git のファイルは動作が不明。
tar を使うことにする。

解答すると、沢山ディレクトリがあり、それぞれが実行できる
cpp ファイルが入っている(Wilsonやstaggered のHMCなど)。

実行したいディレクトリに入り、

cp ../Makefile .

を行う。そして、開いてwantqio の行をblanckにする。
qio はILDGファイル入出力のライブラリであるが、別途インストールが必要。

また倍精度にするにもMakefile の指定行を改変する必要あり。

そしてMake_template の中にある、ターゲット名を指定して、

make ターゲット名

とすればコンパイルできる。

また実行用のサンプルファイルは、test/su3_hmc.1.sample-in
などである。

hmc の場合、
control.c に実際の実行動作が書かれている。

またbinary_samples には、配位の見本も入っている。

2020/2/12 Add

m1 mac でmake しようとしたら

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

とこけた。

xcode-select --install

を実行。Wilson hmc 動いた。

Discussion

ログインするとコメントできます