👌

ひとりMongoDB University 12/20 - レプリケーション(1)

5 min read

この記録は、アドベントカレンダー形式の、MongoDB Universityの学習コースの記録、20日目になります!
ただいまコース: M103[1]を進めています。Chapter2を1日3つぐらいずつ進めたい。
25日までに15stepが目標です。

Chapter 2: What is Replication?

  • MongoDBのレプリケーションについて

  • より堅牢なデータベースを構成するためももの

  • MongoDB uses asynchronous, statement-based replication because it's platform independent and allows more flexibility within a replica set.

    • MongoDBはレプリケーションに際しては非同期で statement-based replication (ステートメントベースのレプリケーション) を採用している
    • マスタ側で発行されたSQLをそのままレプリカ側に適用(実行)する形
    • プラットフォームが異なっていてもレプリケーションを構成できる
      - なんで必要?
    • 全てのサーバが常に正常に稼働できるとは限らない
  • MongoDBの場合はメインのnodeをprimary node、それ以外の複製されたnodeをsecondary nodeという

  • もしprimary nodeに障害が発生したら、secondary nodeにフェイルオーバーする必要がある

プライマリノードへの昇格ってどう決まるの?

The nodes decide specifically which secondary will become the primary through an election. And this name is not a coincidence.

どうやらレプリカセットの間で「選挙」で決まるらしい!

  • primary nodeが切り替わったあとは、復旧したnodeは今度はレプリカセットの一員としてsecondary nodeとして参加する

レプリケーションのタイプ

  • statement based replication
  • binary replication

バイナリレプリケーション

  • バイナリレプリケーションの場合は、データの変更をバイナリログに書き出す
  • セカンダリノードがバイナリログを受けとり、手元のデータファイルに対して変更を適用する
  • とにかく変更を直にデータファイルに適用するだけなので、プライマリ側でどんなMQL(クエリ)で変更されたかは関与しない
  • データファイル上の一致が保たれていれば良いので、セカンダリノードは、実際のところ「何をレプリケーションしているか」すら意識しなくて良い

バイナリレプリケーションの制約

  • バイナリを同じ処理で操作する必要があるため、オペレーションシステムが一致していることが条件
    • Windows x Linuxではダメ!
      - 同じOSでも同じインストラクションセットでないとダメ!(x86 と x64が混在ではダメ。一致させること)

※バイナリレプリケーションを構成する場合は、プラットフォームは厳密に組む必要があります!
データベースサーバをアップデートする際も、同時に行わないとレプリカセットのデータが壊れる可能性があります。(プラットフォームが同じでもデータベースのバージョンが異なっていてはダメ!)

ステートメントベースレプリケーション

  • primary nodeでの書き込みオペレーション(更新操作)が完了すると、oplogに処理内容が書き出される
  • oplogがsecondary nodeに転送され、その更新操作を適用する
  • 論理的に整合性がとれていることが前提のため、オペレーティングシステムがノード間で異なっていても良い
  • プライマリノードへの処理内容がoplogに書き出されるが、実際はその直前に変換コマンドが走る
  • この変換処理で、適切なタイミングで適切なデータの更新を適用することができる
  • Idempotence (冪等性) という

https://en.wikipedia.org/wiki/Idempotence

冪等性を保つための変換例

  • プライマリノードで、データをインクリメントさせる処理が走る
    • 1000 -> 1001
    • 操作命令文的には、+1を発行
  • oplogはこの命令文(+1する)を発行するのではなく、値を 1001 にする、という命令文に変換される
    • データ適用のタイミングがずれると、+1の命令文では結果が変わってしまうため
    • 「更新の結果、データとして最終的にどういった値になったか」をoplogに書き出す

レプリケーションまとめ

  • バイナリレプリケーションは高速、データ転送が少なくて済む
    • その分、オペレーティングシステム、バージョンのいった構成を厳密に揃えないといけない
  • ステートメントベースレプリケーションは若干データ量が増える
    • ただし冪等性が担保されていればよいので、プラットフォームやバージョンの制約を超えてノードを増やすことができる

Chapter 2: What is Replication? (クイズ)

Problem

Which of the following are true about binary replication and statement-based replication?

こたえ

  • Statement-based replication is platform independent.
  • MongoDB uses statement-based replication, not binary replication.

データの整合性、冪等性、分散という点ではどちらも同じ。

Chapter2. MongoDB Replica Set(動画)

MongoDBのレプリケーションの同期は、異なるバージョンのプロトコルがある。

  • PV1 and PV0
    • 現在はPV1がデフォルト
      - 耐障害性や可用性の点で異なるメカニズムになっている
    • RAFTプロトコルがベースになっている

※RAFTはコンセンサスアルゴリズムの1つ。他にもPaxosがあるよ!
(詳しくは参考リンクを参照とのこと。ここでの範囲では触れません)

レプリカセットのsecondary nodeには、役割が2つある。

  • promary nodeに昇格ができるもの

    • promary nodeと同じく読み書きできる
    • promary nodeからのoplogを適用し、論理的な冪等性が保たれていること
      - フェイルオーバーの時に「選出」に参加するだけのもの
  • レプリカセットのメンバーの中には、Arbiterとしての役割のものもある

    • 設定で指定できる
    • このメンバー(ノード)はデータを持たない
    • プライマリノードの選挙(選出)の時にVoteするだけの役割
  • フェイルオーバーした時に、どのノードがプライマリに選出されるかは、プロトコルバージョンによっても異なる(ここでのスコープではない)

    • そのうえで、設定により優先順位の重み付けが可能
    • プライマリノード選出のために、セカンダリノードは必ず「奇数」ノードが必要
  • プライマリノード1、セカンダリノード3の構成で、プライマリとセカンダリノード1つがダウンした場合は...?

    • 新しいプライマリノード選出の前に、セカンダリノードが2つだけになってしまった場合は、どちらもプライマリに選出できなくなってしまう

セカンダリノードの数

  • レプリカセットのメンバーは、地理的な分散も考慮して50ノードまで保持可能
  • ただし新しいプライマリノード選出の候補になれるのは、7ノードに限定される
  • リソースの確保その他の理由でArbiterノード(データを保持せずVoteだけできるノード)を設定できるが、取り扱いは慎重に
    • できればArbiterノードは避けること

hiddenノード

- 特別な理由で、アプリケーションからは隠したい、もしくはReadOnlyとして保持する場合に、Hiddenノードが設定できる

  • 非同期でもほぼ他のレプリカセットと同じデータを保持するのとは別に、同期を「遅延」させて置くことも可能
  • Delayedノードと呼ばれる
    • 障害ではなく、オペレーションミスによるデータの論理破壊から復旧させたい場合に、Delayedノードが有効

-参考資料

Chapter 2: MongoDB Replica Set (クイズ)

Problem

Which of the following are true for replica sets in MongoDB?

こたえ

  • Replica set members have a fixed role assigned.

今日の進捗

今日はお休みなので5つ進みました!
分散(レプリケーション)構成のための、合意形成のしくみとかが、難しいーー!
調べながら進めているので、動画が10分以内でも2時間くらいかかりました..。

レプリカセットにいろいろ役割があるのを学習。
明日は、WebのIDEからセカンダリノードを3つ上げるという課題です!

きょうのzenn

ひきつづき同じ方法で進めています :)

脚注
  1. M103: Basic Cluster Administration のコースになります。コースを開始すると、完了までの期限は2ヶ月以内です。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます