ひとりMongoDB University 12/09

3 min読了の目安(約3100字TECH技術記事

この記録は、アドベントカレンダー形式の、MongoDB Universityの学習コースの記録、9日目になります!
ただいまコース: M103[1]を進めています。目標は12/25までにChapter1の完走!

Chapter 1: File Structure (動画)

一回観ただけでは内容が理解できない!!!
明日も続けてもう一回観ます...。

内容は、dbpath で指定したデータファイル格納用のディレクトリについての解説です。
リカバリ時に利用されるジャーナルファイルや、ロックファイルについての説明でした。

今日の進捗

1個だけかろうじて。

きょうのzenn

9日目の記事作成。パターンが決まってきたので、launch.jsonかtasks.jsonで簡単に作りたい...
以下のようなtasks.jsonを作ってみました。

※slug指定記事を作成のため、日付を設定しているのですが、ここでは "[Command Variable]"(https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=rioj7.command-variable) Extensionを追加しています。

また、プレビュー起動もlaunch.jsonではなくtasks.json側に持っていきました。

tasks.json
{
  "version": "2.0.0",
  "tasks": [
    {
      "label": "Preview",
      "detail": "Preview",
      "type": "shell",       // シェルコマンドを実行する
      "command": "npx",     // 実行するコマンド
      "args": [              // コマンドへ渡す引数
        "zenn", "preview"
      ],
      "group": "build",      // ビルドタスクとして認識させる
      "presentation": {
        "reveal": "always",  // Terminal パネルを必ず開く
        "clear": true,       // 実行前に Terminal をクリア
        "echo": false        // タスク名をエコー表示しない
      },
      "problemMatcher": []
    },
    {
      "label": "無印記事作成",
      "detail": "無印記事作成",
      "type": "shell",       // シェルコマンドを実行する
      "command": "npx",     // 実行するコマンド
      "args": [              // コマンドへ渡す引数
        "zenn", "new:article"
      ],
      "group": "build",      // ビルドタスクとして認識させる
      "presentation": {
        "reveal": "always",  // Terminal パネルを必ず開く
        "clear": true,       // 実行前に Terminal をクリア
        "echo": false        // タスク名をエコー表示しない
      },
      "problemMatcher": []
    },
    {
      "label": "日付prefixありslug指定記事作成",
      "detail": "yyyymmdd prefixありslug指定記事作成を作成。Exp. 20201209-my-article.md",
      "type": "shell",       // シェルコマンドを実行する
      "command": "npx",     // 実行するコマンド
      "args": [              // コマンドへ渡す引数
        "zenn", "new:article", "--slug", "${input:shortDate}-${input:slugName}"
      ],
      "group": "build",      // ビルドタスクとして認識させる
      "presentation": {
        "reveal": "always",  // Terminal パネルを必ず開く
        "clear": true,       // 実行前に Terminal をクリア
        "echo": false        // タスク名をエコー表示しない
      },
      "problemMatcher": []
    }
  ],
  "inputs": [
    {
      "type": "promptString",
      "id": "slugName",
      "description": "Article slug name.",
      "default": "my-new-article"
    },
    {
      "id": "shortDate",
      "type": "command",
      "command": "extension.commandvariable.dateTime",
      "args": {
        "locale": "es-ES",
        "options": {
          "weekday": "long",
          "year": "numeric",
          "month": "2-digit",
          "day": "2-digit",
          "hour12": false,
          "hour": "2-digit",
          "minute": "2-digit",
          "second": "2-digit"
        },
        "template": "${year}${month}${day}"
      }
    }
  ]
}
脚注
  1. M103: Basic Cluster Administration のコースになります。コースを開始すると、完了までの期限は2ヶ月以内です。 ↩︎