📱

「ANBERNIC RG35XX」発表!ゲームボーイ風のエントリー向けタテ型ゲーム機

2022/12/05に公開約3,800字

2022年12月5日、ANBERNICの最新ゲーム機「ANBERNIC RG35XX」がYouTube上で発表されました。

動画で確認してみると、どうやらエントリー向けでタテ型の携帯ゲーム機のようです。

OSにはLinuxを採用しており、Androidは搭載されていません。

ボタン配置は任天堂ゲームボーイと似ており、十字キー、4つのボタン、背面のショルダーボタンなどです。ジョイスティックレバーなどは搭載されていません。

「ANBERNIC RG35XX」の特徴

特筆すべき特徴は、ディスプレイが3.5インチ(IPS液晶)で、解像度640x480pxであること。エントリー向けながらもかなり高精細なディスプレイを採用しています。

また、二つのTFカードスロットを搭載しており、microSDカードで最大512GBまで拡張することができます。

バッテリー駆動時間は2100 mAhとやや少な目ですが、それでも5時間は連続駆動できます。

さらにこの携帯ゲーム機は2.4GHzのワイヤレスゲームパッドと有線ゲームパッドと接続可能です。

HDMIポートもあるので、テレビや外部モニターに接続して大画面でゲームを楽しむこともできます。

スペックは以下の通りです。

「ANBERNIC RG35XX」のスペック

  • ディスプレイ 3.5インチ、解像度640 x 480 pxのIPS
    ※OCAフルフィット

  • プロセッサ クアッドコア ARM Contex-A9

  • GPU PowerVR SGX544MP

  • RAM(メモリ) DDR3 256MB

  • ストレージ 2つのTFカードスロット

  • 拡張ストレージ microSDカードで最大512GBまで拡張可能

  • バッテリー 2100 mAh

  • 駆動時間 5時間

  • 充電 5V/1.5V、C2C充電をサポート

  • カメラ なし

  • ワイヤレス通信 なし

  • インターフェース Type-C x2 (OTG/電源用)、microSDカードスロット x2、miniHDMI、3.5mmイヤホンジャック

  • ゲームパッド 2.4GHzワイヤレスゲームパッド、有線ゲームパッドをサポート

  • スピーカー Hi-Fi スピーカー

  • 振動モーター サポート

  • ゲームのダウンロード 対応

  • システム言語 日本語、中国語、英語、韓国語、スペイン語

  • OS Linux

  • サイズ 11.7×8.1×2.0 cm

  • 重量 165 g

  • カラー グレー、トランスペアレントホワイト、トランスペアレントパープル

  • 対応エミュレーター PS1,CPS,FBA,NEOGEO,GBA,GBC,GB,SFC,FC,MAME,MD,GG,PCE,NGPC,WSCなど他のフォーマットゲームを含む

「ANBERNIC RG35XX」の公式ページ

公式サイトで製品の紹介ページが追加されました。
NEW ANBERNIC RG35XX – anbernic
https://anbernic.com/products/rg35xx

公式動画も公開されています。

ANBERNIC RG35XX official promo video
https://www.youtube.com/watch?v=UZUT0LezrFs

ANBERNIC RG35XX official Unboxing
https://www.youtube.com/watch?v=WMKD139TqRg

写真で見る「ANBERNIC RG35XX」

<ディスプレイ>

ディスプレイはは3.5インチのIPS液晶です。解像度は640 x 480 pxで非常に高精細。OCAフルフィット仕様なので、ディスプレイと本体の間に段差がありません。

<デザイン>

本体のデザインは任天堂ゲームボーイとそっくりです。おそらくベースのデザインとして参考にしたのでしょう。サイズは11.7×8.1×2.0cmで、重量は165g。カラーはグレー、トランスペアレントホワイト、トランスペアレントパープルの3色を用意しています。

<操作性>

コントーラー部は十字キー、4つのボタン、背面のショルダーボタンなどでジョイスティックレバーなどは搭載されていません。2Dのレトロゲームしか入っていないので、不便に感じることはないでしょう。

2.4GHzのワイヤレスゲームパッドや有線ゲームパッドも使えます。

<プロセッサ・メモリ・ストレージ>

プロセッサは「クアッドコア ARM Contex-A9」で詳細は不明ですが、それほど高性能ではないようです。ただし、GPUにPowerVR SGX544MPが採用されており、2Dのレトロゲームには十分な性能であるようです。

メモリはDDR3規格の256MBで、他機種と比べるとかなり少ない容量ですが、これもFCやMD、GBといったレトロゲームなら十分でしょう。

ストレージは2つのTFカードスロットを利用する仕様で、片方はシステム用でもう片方はゲーム用です。システムをアップデートした際にゲームが消えてしまうというリスクはありません。拡張用のmicroSDカードは最大512GBまで搭載できます。

<バッテリー・充電性能>

バッテリー容量は2100mAhで約5時間駆動できます。充電はType-Cポートを介して行います。

他のゲーム機と比較する

「ANBERNIC RG35XX」と他のゲーム機を比較した記事を用意しています。購入する前にぜひチェックしてみてください。

「ANBERNIC RG35XX」と低価格な名機ゲーム機を徹底 比較! | 秋葉原ぶらり
http://akiba.jpn.org/?p=94244

その他のおすすめゲーム機

その他のおすすめゲーム機は以下のページにまとめてあります。ぜひチェックしてみてください。

海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2022 まとめ | 秋葉原ぶらり http://akiba.jpn.org/?p=72946

Androidゲーミングタブレット コントローラ一体型 まとめ | 秋葉原ぶらり http://akiba.jpn.org/?p=9597

Discussion

ログインするとコメントできます