👨‍🎓

Vue3がやりたくてLocalStorageを使った簡単レジスター作ってみた

2022/03/08に公開約1,600字

前略、そんなことより宝くじを当ててアーリーリタイアしたいです。


Vue3を使ってみたかったので公式ドキュメントやらを見ていたら、Vue2のドキュメントにLocalStorageを使ったTodoAppの手引き(TodoMVC の例)が載っていたので、そのまま作っても面白くないなと思い、超簡易的なレジスターを作ってみました。

もしかしたら今後「Vue3とLocalStorageを使ってレジスター作りてぇ!」と街中で叫ぶ人が出てくるかもしれないので、備忘録として残しておきます。

概要

完成品など

公開URL

https://locaregi.netlify.app/

ソースコード

https://github.com/akarisan/local-register

使ってみたもの

  • Vue3.2.13
  • LocalStorage

LocalStorageって5MBも使えるらしいです。
たくさん使えて幸せです。

ホスティング

  • Netlify

GitHubのmasterブランチを勝手にデプロイしてくれるらしく、サーバー借りるのも面倒だったのでやってみました。

設定方法とかやり方とかはN番煎じなので書きません。

科学ってすげー。

つまづいたところ

高さ可変だとうまくscrollが表示されない

とにかく画面1枚の中にすべてを詰め込みたかったので、親要素が高さ可変の場合にItemListがoverflowしてもscrollできるようにしたかったのですが、普通にそのままはみ出して表示されてしまいました。

偉大な先人たちがこんな解決法を提示してくれたので、まんまパクりつつ、max-heightをcalc()で地道に計算して定義したりして解決しました。

はー、完全に理解した。

子コンポーネントでpropsのitemList配列を編集しようとしたら怒られた

propsを親子間であれやこれやとやるのはVue的には嫌らしい。

Vue3から.sync修飾子が使えるようになり、$emitを使用して親コンポーネントにpropsの変化を知らせることはできるようになったが、私の環境ではなぜか.syncを使うと怒られる。

eslintが邪魔をしているみたいだけど、どうやって設定を変えればいいのか分からないので、面倒になってitemList.vueというコンポーネントをなくして、全部App.vueに書き込んだ。

はー、なんも分からん。

追加したい機能とやりたいこと

追加したい機能

  • 今のeditモードだと削除しかできないので、アイテムごとに名前、価格、在庫を全部編集できるようにしたい
  • もっとtransitionアニメをつけて、ふわっと出てくる感じにしたい
  • substock履歴もlocalstorageに残して、履歴を見られるようにしたい
  • 金庫内の金額が一瞬で分かるように、subtotalの下にtotalを入れたい
  • 完全にオフラインで使える状態にしたい

やりたいこと

  • やっぱりコンポーネントは分けたい。全部App.vueに書いたことで、Vue3の良さを全部なくした伝説の男になってしまった。(Vuexとか使えばもっと簡単に親子コンポーネント間のやり取りができそう)
  • FireStoreとか使って、クラウドDBを使ったなにかを作りたい

今日は眠いのでここまで。

またあとで追記するかも。

Discussion

ログインするとコメントできます