Closed1

Visual Studio Code 環境準備

What's this?

自分のやりたいことをベースにVisual Studio Code(以下、VSCode) をどう準備したかのまとめ。
書き殴りなので許して。

前提

次に挙げる「やりたいこと」が一致する人向け。

  • UnityでVisual Studio(以下VS)ではないコーディング環境を実現したい
  • Markdown を使った執筆環境を実現したい

参考までに、実現した環境(Mac)

  • Unity (v2020.2.1f1)
  • .Net Core 3.1 SDK(v3.1.1407)
  • VSCode (v1.55.0)
    • C# (v1.23.9)
    • Debugger for Unity(v3.0.2)
    • Markdown All in one(v3.4.0)
    • markdownlint(v0.40.1)

Unityコーディング環境

Unity側、VSCode側でそれぞれ設定をする。注意点として、2021/4/1現在、VSCode側からUnityのプロジェクトを実行する機能はないということを踏まえて。

Unity側設定

Unity側から標準で使用するエディタをVisualStudioCodeに変換する。
Edit>Prefarence選択後の小窓でExteral Tool項目の選択肢にて設定(なお、事前にVSCodeがインストール済みでないと選択肢に出てきません)

VSCode側設定

以下のExtension(拡張機能)をインストールしましょう。

  • C#
  • Debugger For Unity

途中でなんか、.NETのSDKを求められたのでインストール。(Mac,Linuxは最新版ではなくてひとつ前位の安定版が良いようです。)

VSCodeサイドメニューから「Run and Debug」を選択後、デバックしたいUnityのプロジェクト構成上(プロジェクトのroot直下)に.vscode/launch.jsonを加える。

F5 or Start Debugging or 再生ボタン を押すことでVisual Studio Code 側に表示されているスクリプトが「デバック状態」になる。ここで、Unity側に戻って再生ボタンを押せば、デバック結果がVisual Studio Code側でわかる寸法。ブレークポイントも設定できます!!

Markdown環境

以下の拡張を入れる。双方ともExtensions>検索バーから検索すればすぐ出る。

  • Markdown All In One
  • MarkdownLint

参考にしたサイト

https://qiita.com/4_mio_11/items/e7b0a5e65c89ac9d6d7f
https://qiita.com/riekure/items/c45868f37a187f8e1d69
このスクラップは2021/04/07にクローズされました
作成者以外のコメントは許可されていません