🗻

【Flutter】ListViewの使い方について

2023/01/15に公開

はじめに

この記事ではFlutterのListViewの使い方をまとめています。

ベースのコードを用意する

ListViewを作る前に、まずはベースとなるコードを用意します。

import 'package:flutter/cupertino.dart';

class VerticalListView extends StatelessWidget {
  const VerticalListView({Key? key}) : super(key: key);

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Container();
  }
}

StatelessWidgetを継承したVerticalListView用意しました。
このコードを元にListViewを作成します。

ListViewで縦方向にスクロールするリストをつくる

import 'package:flutter/cupertino.dart';
import 'package:flutter/material.dart';

class ListTileItem {
  final String title;

  const ListTileItem({
    required this.title,
  });
}

class ListItemData {
  final List<String> alphabets = [
    'A',
    'B',
    'C',
    'D',
    'E',
    'F',
    'G',
    'H',
    'I',
  ];

  ListItemData();
}

class VerticalListView extends StatelessWidget {
  const VerticalListView({Key? key}) : super(key: key);

  
  Widget build(BuildContext context) {
    final ListItemData itemData = ListItemData();

    return ListView.builder(
      itemCount: itemData.alphabets.length,
      itemBuilder: (context, index) {
        return SizedBox(
          height: 50,
          child: Center(
            child: Text(
              itemData.alphabets[index],
            ),
          ),
        );
      },
    );
  }
}

このコードを実行すると、つぎのような一覧を表示することができます。

ListView1

このコードでは、ListView.builderを使用しています。ListView.builderは、ドキュメントでつぎのように説明されています。

https://api.flutter.dev/flutter/widgets/ListView-class.html

The ListView.builder constructor takes an IndexedWidgetBuilder, which builds the children on demand. This constructor is appropriate for list views with a large (or infinite) number of children because the builder is called only for those children that are actually visible.

ListView.builderはIndexedWidgetBuilderを引数に取ります。ビルダーは実際に表示する子どもたちのためだけに呼び出されるため、このコンストラクタは大量のデータを扱うリストビューに適しています。

リストの要素をタップしたときの処理をつくる

ListViewは要素が選択されたときに通知を受け取る機能がありません。
そのため、ListTileを使用して、要素がタップされたときの処理を作成してみます。

ListTile
https://api.flutter.dev/flutter/material/ListTile/ListTile.html

class VerticalListView extends StatelessWidget {
  const VerticalListView({Key? key}) : super(key: key);

  
  Widget build(BuildContext context) {
    final ListItemData itemData = ListItemData();

    return ListView.builder(
      itemCount: itemData.alphabets.length,
      itemBuilder: (context, index) {
        return SizedBox(
          height: 50,
          child: ListTile(
            onTap: () {
              print("${itemData.alphabets[index]} is tapped.");
            },
            title: Center(
              child: Text(
                itemData.alphabets[index],
              ),
            ),
          ),
        );
      },
    );
  }
}

このコードでは、SizedBoxchildListTileに変更しています。
ListTileGestureTapCallback?型のonTapに設定できます。
この例では、選択されたデータをconsole出力しています。

使用したコードと同様のサンプルコードをGitHubに置いていますので、参考にしてください。
https://github.com/aiiro/flutter-implementation-samples/tree/main/listview

Discussion

ログインするとコメントできます