💊

NMRの運用について

2022/12/21に公開約2,200字

これはNumerai Advent Calendar 2022 の12/04 の記事です。全ての記事で遅れが発生していますが、挽回していきます。

今年の記事では、新規参入者がハマりやすそうな落とし穴やその対策について述べていこうと思います。

概要

  • NMRは定期的にPumpされる。
  • 価格に一喜一憂せずにリスクヘッジしておきましょう。
  • 保有NMRの一部を現物で保有しておくことで、暴騰リスクをある程度ヘッジできる。

はじめに

私がNumerai に参加したのは2020年初旬ですが、そのときはBinanceすら知らず、UniswapでNMRをゲットしていました。手数料がとても高くなるので、一般にはこれは勧められません。そのため取引所を開設していないまま円転できず年を越して痛い目にあいました。
これからNumeraiのに限らずクリプト関係のプロジェクトに参画される方は、必ず円転exit戦略を立てておいた方が良いです。クリプトを稼げば稼ぐほど、納税の重圧が強くのしかかってきます。私は去年はかなりの金額を持っていかれ、ギリギリの生活を送りました。自己破産の話はよく聞きますが、これは簡単に起きますね。
それでは本題に入ります。

NMRは定期的にPumpされる。

NMRのこれまでのチャートを見てみましょう。

価格差が激しいですね。一時は1NMR=9000JPYでした。このタイミングで爆益、例えば100NMR獲得してしまった場合、9000*100=900000円を取得したことになってしまいます。しかしながらチャートを見るとその後下落しています。暗号資産の損金は次年度に持ち越せないため、さらに取得して取得価額を減らしていくか年内に損を確定させないとすごい損をしてしまうことがあります。理想的には、NMRの価格が安定していれば良いのですが、現在板も薄いため神の見えざる手によってPumpが起こることは避けられないと思います。例えば、去年はCPI発表やFOMCなどのイベントの前にPumpが起こっているように見えました。これらのタイミングに出金することができた人達は上手く逃げられたでしょうね。
 ちなみに、私は年内円転をミスり、暴落したNMRと高額な納税額をみて死にかけていましたが、救世主によるPumpで救われました。捨てるPumpあれば拾うPumpあり。これもNumeraiの成功を願う人々の成せる業。感謝。
https://twitter.com/pegion_HOLE/status/1489630747480948736?s=20&t=0rP7S0MiQnPP7kmmOUD_aA

価格に一喜一憂せずにリスクヘッジしておきましょう。

私は養分を自認しております。そして養分は保有銘柄の価格が上昇していくのをみて永遠に上がり続けるのを願うものです。そして下落相場になって初めて売り始めます。養分の人は、事前にいくらで買っていくらで売るのか、exit戦略を立てておくと機械的に済むのでおすすめです。むしろ立てないと必ずエッジにされてしまいます。経験談です。
 Numeraiの場合はトーナメントに参加すると、1ヶ月間NMRがstake されてしまい、自由に引き出せなくなってしまいます。そしてstake 解消時にNMRが暴騰していると。かなりの取得価額を課されてしまいます。この流れが半自動的に行われてしまうので、防げません。これを防ぐための手立てはないでしょうか?

保有NTRの一部を現物で保有しておくことで、暴騰リスクをある程度ヘッジできる。

私のかつての対応策を以下に述べます。
総額1000NMR stake800NMR 現物200NMR保有 取得価額5000円 現在のレート1NMR=2000円

総額1200NMR stake1000NMR 現物200NMR保有 取得価額4000円 現在のレート1NMR=1800円
↓Pump発生
総額1200NMR stake1000NMR 現物200NMR保有 取得価額4000円 現在のレート1NMR=4500円
ここで現物の200NMRの処分できれば、900000円を取得でき、損金も発生できません。年末の納税の足しにはできるでしょう。
このように、一部を現物で保有しておき、Pumpされたタイミングで売り抜けることで、損を大きく発生させることなく、円転を進めていくことができます。10~11月までに済ませておくのがベストです。納税の計算方法によってこれらの困りごとがない人もいるかもしれませんが、私のやり方ではこういう方法でクリプトの歪んだ税制に対処しています。

まとめ

  • 初心者が円転で躓きそうなところについてコメントした。
     - NMRは定期的にPumpされるため、急な価格変化が起こる。これはときに取得価額に歪みを与えることとなる。
     - 養分は損が立つまで円転しない。円転戦略を事前に立ちましょう。
  • 円転をするためのアドバイスとして、保有NMRの一部を現物として持つことを解決策とした。
     - これにより、暴騰時にも対応でき、暴騰リスクをヘッジすることができる。

最後に

皆さん、良いクリプトライフを!
Numerai or Die!

Discussion

ログインするとコメントできます