🌆

【AWS】EC2でWebサーバーを構築する

2023/06/30に公開

はじめに

AWS上でWebサーバーを構築する方法を学習しましたので執筆します。

項目 内容
対象者 ・AWSのEC2について知らない方
伝えたい内容 ・EC2でWebサーバーを起動したい
前提条件 ・AWSのアカウント作成済み
・Windows

結論

  • Q: AWSのEC2とは?
    • A: EC2(Elastic Compute Cloud)は、仮想サーバーを簡単に作成・起動・管理することができます。
  • Q: EC2のメリットは?
    • A: 下記のメリットです。
    1. 需要に応じてインスタンスの数やタイプを柔軟に調整することができます。需要が高まった場合は、追加のインスタンスを簡単に起動して負荷を分散できます。また、異なるインスタンスタイプを使用してアプリケーションを最適化することも可能です。
    2. 実際に使用したリソースに対してのみ料金が発生します。インスタンスの起動と停止を自由に行うことができ、必要な時にのみ課金されます。 これにより、コストを最適化し、無駄な支出を避けることができます。
    3. さまざまなインスタンスタイプを提供しています。これには、一般的な汎用タイプから、メモリ重視、コンピュート重視、GPUインスタンスなど、さまざまな用途に特化したタイプがあります。これにより、アプリケーションの要件に最適なインスタンスを選択できます。
    4. 複数のアベイラビリティーゾーン(Availability Zone)にインスタンスを配置することができます。これにより、システムの可用性が向上し、障害が発生した場合でもサービスの継続性を確保することができます。また、Amazon Machine Image(AMI)やスナップショットなどのバックアップ機能も利用できます。
    5. AWSが提供するセキュリティグループ、ネットワークアクセス制御リスト(Network ACL)、仮想プライベートクラウド(VPC)などのセキュリティ機能を活用することができます。また、AWS Identity and Access Management(IAM)を使用して、適切なアクセス制御を実施することができます。さらに、AWSはセキュリティとコンプライアンスに関するさまざまな認証と規制を取得しており、信頼性の高い環境を提供しています。

キーペアーの作成

1. EC2のページに移動する

画面左上のサービス>コンピューティング>EC2をクリックし、EC2のページに移動します。
ec2-step1

2. キーペアのページに移動する

リソースのキーペアをクリックします。
ec2-step2

3. キーペアを作成する

画面右上のキーペアを作成をクリックします
ec2-step3

4. キーペアを設定

下記の項目を設定します。

  1. 名前→任意の名前
  2. キーペアのタイプ→RSA
  3. プライベートキーファイル形式→.pem
    ec2-step4
  • Q: RSA (Rivest Shamir Adleman)とは?
    • A: 非常に大きな数字を素因数分解する事が困難な事を利用した暗号アルゴリズム
  • Q: .pemとは?
    • A: 証明書や鍵の情報を記載した拡張子

5. 作成したキーペアを確認する

問題がなければ、キーペアが正常に作成されました。とポップアップが表示され、
自動でダウンロードされる事を確認します。
ec2-step5

プライベートキーをローカルに配置

1. 作成したプライベートキーを.sshに配置する

C:/Users/[user_name]/配下に.sshというディレクトリを作成し、
その中に先ほど作成しダウンロードしたプライベートキーを配置します
ec2-step6

  • Q: 公開鍵暗号方式とは?
    • A: 暗号化と復号に異なる鍵(公開鍵と秘密鍵)の組み合わせを使用する暗号方式です。
  • Q: パブリックキー(公開鍵)とは?
    • A: 公開鍵暗号方式で使用される鍵の一部です。
  • Q: プライベートキー(秘密鍵)とは?
    • A: 公開鍵暗号方式で使用される鍵の一部であり、その鍵を所有する個人またはエンティティだけが知っている情報です。

サーバーの設定

1. インスタンスを起動するページに移動する

EC2ダッシュボードからインスタンスを起動をクリックする
ec2-step7

2. サーバー名を設定する

今回は、server_for_studyという名前のサーバー名にします
ec2-step8

3. OSを設定する

今回は、Ubuntu server 22.04を選択します。
ec2-step9

4. インスタンスを起動するページに移動する

t2.microの無料利用枠を設定します
ec2-step10

5. キーペアの設定する

先ほど作成したキーペアを選択します。
ec2-step11

6. ネットワークの設定する

WebアプリでHTTP/HTTPS通信を可能にする為に、下記項目にチェックを付けます。

  • インターネットからのHTTPSトラフィックを許可
  • インターネットからのHTTPトラフィックを許可
    ec2-step12

7. ストレージの設定する

今回は、勉強の為(料金を抑える為に)なので8GiBで設定します。
ec2-step13

サーバーの起動/停止

1. インスタンスを起動する

各種設定が完了出来たので、インスタンスを起動をクリックします
ec2-step14
ロード画面後に成功のポップアップが表示があればOKです!
ec2-step15

2. インスタンスを停止する

料金を発生しないためにサーバーを停止するには、
対象のサーバーにチェックを付け、インスタンスの状態をインスタンスを停止"を選択します。
ec2-step16
ポップアップの停止ボタンをクリックすると、少し時間を経過すると
インスタンスの状態が停止済みに変更されます
ec2-step17

おわりに

EC2のロゴを見たらこの(🌆)emojiと似ているなと思いました。

GitHubで編集を提案

Discussion