unity, ARFoundation Sample, iPhone LidAR有りと無しの挙動の差まとめ

2 min read読了の目安(約2500字

経緯、内容

unityでARのアプリケーションを開発しようと思っているのですが、
LidAR有りと無しでどういった違いが出るのか分からなかったため、unityのARFoundationのサンプルをビルドして、その差を比べてみました。

※Face Tracking, Body Trackingは今回は除いています(やってみた感じそんなに差がなかった)

結論

12 Proは床や壁のメッシュの作成がとても早く、正確。XRでは床のメッシュは作成できるが、ずれることもある。

AR Foundation Samples

https://github.com/Unity-Technologies/arfoundation-samples

比較機種

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone XR

Meshing -> Classification Meshes

  • 12 Pro : meshがclassificationされている
  • XR meshが生成されない

Meshing -> Normal Meshes

  • 12 Pro : Classificationよりも分類はされていないが、床、壁、天井と認識されていそう
  • XR : meshが生成されない

Meshing -> Occulusion Meshed

  • 12 Pro : ボールがちゃんとocculusionされる
  • XR : meshが生成されない

Simple AR (ちょっといじってます)

  • 12 Pro : Meshの生成が尋常じゃなく早い
  • XR : meshは作られるが、壁の認識ができていない

Interaction

  • 12 Pro : 壁のmeshが瞬時に作られる
  • XR : 床のmeshは作られるが、壁のmeshは作られない

Light Estimation -> BAsic Light Estimation

  • 12 Pro, XR : そんなに大差がない

Plane Detection -> Feathered Planes

  • 12 Pro : テーブル、床、壁、天井の認識が秒
  • XR : 床の認識はうまくいくが、壁、天井はほとんど認識されない

Plane Detection -> Plane Classification

  • 差がとてもわかりやすい
  • 12 Pro : None, Floor, Window, Ceilingがしっかりと分けられる
  • XR : Floorのみ。かろうじてWall

Anchors

  • 12 Pro : Anchorの位置が正確
  • XR : 変なところにAnchorが出来ていたりする

Scale

  • 12 Pro : 壁、天井もmeshが作られ、影ができる
  • XR : 床のみ

AR Collaboration

  • 12 Pro : 早い、床も壁もすぐ
  • XR : 床はまぁまぁだけど、床以外のところの検知が困難

![](https://storage.googleapis.com/zenn-user-upload/b6aa25ee4a9c24bd453085f9.jpg

Point Cloud

  • 12 Pro, XR : そんなに差がない?

Plane Occulusion

  • 12 Pro : 壁の認識もはやく、あまりズレない
  • XR : 床はさっと認識できるが、少しズレる