WSL2+Rustで組み込み開発

1 min read読了の目安(約700字

概要

Embedded Rust Techniquesを参考にしてRustで組み込み開発を行った記録を残そうと思います。

環境

今回の組み込み開発で使用する環境としては以下で行います

  • 開発環境
    • Windows10 WSL2
    • Docker
  • ターゲット

Windows10 Home EditionでWSL2+Dockerが使えるようになったので、その使用感を確認したかったことと、Dockerを使うことで、基本的にはほぼ全ての環境で同じ環境を構築できるので、この環境を選びました。

ターゲットボードは家にあったのもを使用しました。もし、新規に購入するのであれば、STM32F4DISCOVERYなどQEMUがサポートをしているものを選んだほうが良いかと思います。

記事一覧