🌐

DAOからガバナンストークンを受け取る

2022/12/01に公開約1,400字

※ここではJapan ICT DAOコミュニティに参加して、ガバナンストークンをもらう手順について解説します。

DAO(自律分散型組織)に参加してガバナンストークンを使う経験は体験しなければわからないことも多いので、是非、興味があればコミュニティに参加して一緒に体験してみて下さい。

Aragon DAO

Aragon DAOとはーサリアムネットワーク上でDAOの開発や管理をサポートするDAO作成ツールです。これを使うとDAOを簡単に構築することができます。
実際に私が運営に関わる Japan ICT DAO コミュニティでも、Aragon DAOを使ってDAOの管理をしています。ガバナンストークンがどういうものかを理解するには、実際に触ってみる方がわかりやすいので、ここではJapan ICT DAOをベースにしてDAOに参加する流れを解説します。


Aragon DAO

まずはウォレットを準備する

Web3では、アカウントの考えがユーザーIDやパスワードから、鍵(アドレス)の管理へと変わっております。自分の鍵は無くさないようにしっかりと自身で締まっておく必要があります。そういったことをデジタル上でおこなうものをウォレット(財布)といい、一番、有名なものにはメタマスクというサービスがあります。
まずは、メタマスク(ご自身で別のウォレットを使ってる場合はそちらを利用しても大丈夫です)で自分の鍵を作成して管理してみましょう。
メタマスクの詳しい説明は こちら をご参考いただければと思います。

DAOを覗いてみる

実際にAragon DAOを検索してどういうものがあるかを覗いてみましょう。
このにサイトにアクセスしましょう。
続いてサイト内のOpen Organaizationをクリックしてみて下さい。

DAOに接続する

まずは以下からJapan ICT DAOにエントリーしてみて下さい。
しばらくすると、ガバナンストークンを発行します。

Japan ICT DAOとは

「JAPAN ICT DAO」は、スペシャリストから1年生まで多様なエンジニアが集まり、高め合うコミュニティです!
● 技術や学びに対するコミュニティ貢献にはバック(報酬)もある!!
● 貢献し合える仕組みだからこそ本気の人が集まる!!

Japan ICT DAOにエントリーする

エントリーするとガバナンストークンがもらえます。
エントリーフォームはこちらになります。

しばらくするとAragon DAOに参加することができます。

ガバナンストークンの使い道

受け取ったガバナンストークンは今後、投票などに利用できる予定です。

Discussion

ログインするとコメントできます