📘

Truffleの基本コマンド早見表

2 min read

Truffleの基本的なコマンドの早見表です。

基本コマンド

ドキュメント

truffle compile // コードのコンパイル
truffle deploy // コードのデプロイ
truffle migrate // デプロイとコンパイルの同時実行
truffle migrate --reset // 1からコンパイルとデプロイのやり直し
truffle console // 起動ずみのノードに接続
truffle develop // 開発用ノードを起動して接続

ネットワーク設定ファイル(truffle-config.js)

const HDWalletProvider = require("truffle-hdwallet-provider");
const fs = require("fs");

module.exports = {
     networks: {
        development: {
            host: "127.0.0.1",
            port: 9545,
            network_id: "*"
        },
        test: {
            host: "127.0.0.1",
            port: 7545,
            network_id: "*"
        },
        quorum: {
            host: "127.0.0.1",
            port: 22000,
            network_id: "*",
            gasPrice: 0,
            gas: 1450000,
            type: "quorum"
        }
    }
};

設定ファイルを利用して、以下のようにtruffleコマンドの接続先を指定可能。

// deploy, migrate, consoleのコマンドで --network ネットワーク名 で接続先を指定できる
truffle deploy --network quorum
truffle migrate --network development
truffle console --network quorum 
etc...

コンソールのコマンド

ドキュメント

// MetaCoinを利用する例
let metacoin = await MetaCoin.deployed()
metacoin.sendCoin("0x....アドレス...", 10)
// 送金
bodacoin.transfer("0x....アドレス...", 100)
// 残高の確認
bodacoin.balanceOf("0x....アドレス...")
// 残高の結果をみたい場合
let balance = await bodacoin.balanceOf("0x....アドレス...")
balance
=> 10000000
// ノードで管理されているアカウントの一覧を表示
let accounts = await web3.eth.getAcctouns()
accounts
=> ["0x.....アドレス...."]

Web3のコマンド

ドキュメント

// アカウントの一覧取得
web3.eth.getAccounts()
// 秘密鍵と公開鍵のペアを作成(ノードに保存はされない)
web3.eth.accounts.create()

Discussion

ログインするとコメントできます