おうちの Google Workspace を無償利用継続できた話

2022/07/25に公開約3,500字

はじめに

我が家では、2010 年頃からカスタムドメインでのメール環境を Google にサービスしていただいております。今で言う Google Workspace にあたるサービスなのですが、当時は Google Apps と言うサービス名で、25 アカウントまでであれば無償利用できると言う神スペックでした。この無償版の新規提供は 2012 年に終了しているのですが、従来からのユーザーについては継続利用の措置がされており、サービスが Google Apps -> G Suite -> Google Workspace と拡大する中でも、ありがたいことに無償で使わせていただいていたのでした。

無償版の終了

2022 年春、そんな我が家に 1 通のメールが届きました。

いつかは来るかもと思ってはいたものの・・・あぁ・・・。

Google Apps だった頃は、通常の Google アカウントとは少し出来ることが違う感じで Google Apps 以外の Google サービスは別の Gmail のアカウントで利用していたような記憶があるのですが、どんどんサービスが拡充されていき今や完全にこちらがメインの Google アカウントです。メールはもちろんのこと、連絡先・カレンダー・マップ・ドライブ・フォト・YouTube・Android・・・あらゆるデータが Google Workspace のアカウントに紐付いています。完全にロックインしている我が家。

10 年以上も無償提供してくださったことに感謝しつつ、1 年間の経過措置(半額)にも後押しされ、有償版への移行をしたのでした。

screen0001

サポートへの問い合わせ

アカウントの整理と有償版への移行も完了して一件落着と思っていたのですが、5 月中旬になって新たな情報が出て来ました。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2205/17/news177.html
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1409613.html

これは・・・個人利用なら無償版を継続できる・・・?

さっそくサポートへチャット問い合わせしたところ、以下の様な回答をいただきました(読みやすさを考慮して若干整形しています)。

もうテンプレが出来ている・・・様に見える。おそらく同じような問い合わせが寄せられているのでしょう。よどみない対応、さすが有償版サポート。「ビジネス機能を廃止」のところが気にはなりますが、それが必要な機能ならその時に有償化を検討するだけです。もちろん同意いたします。

無償版への回帰

上記のやり取りから約 2 か月。やっとサポートから連絡がありました。

管理画面を見ると、Google Workspace Business Starter プランのままで、無償版になっている様に見えます。てっきり以前の「無償版 G Suite(もしくは何らかその後継のプラン)」に戻るのかと思っていたのですが、Business Starter のままで無償になるということの様です。なので、保存容量は 30GB / user のままみたい(今のところそう見える)。

screen0002

おわりに

Google 社の寛大な計らいにより、とりあえず今まで通り使い続けることが出来そうです。ライセンス(ユーザー)が 300 個まで発行できる様に見えるのも気になりますが、また今回のような事が起きるかもしれないので慎ましく使わせていただきます。引き続きお世話になります。

Discussion

ログインするとコメントできます