AWSの「コスト異常検出」を設定しておこう

1 min read読了の目安(約800字

2020年12月に、AWSのコスト異常検出(AWS Cost Anomaly Detection)がGA(正規リリース)。

👀普段の費用と比べて急増、段階的増加が発生した際に早期に検知
🤖MLモデル学習により検出や分析に人手がかからない

利用するにあたっては費用不要なので、「うわっ…AWSの費用、高すぎ…❓」となる前に予防的に設定しておきましょう😄

📒設定手順

2020年12月時点で 各インフラ構成管理ツールには対応していないので手動設定しましょう。

AWS マネジメントコンソールの、

  1. 右上プルダウンから「マイ請求ダッシュボード」を選択
  2. 左枠から「Cost Explorer」を選択
  3. 右の「Cost Explorerを起動」を選択
  4. 左枠の「コスト異常検出」を選択
  5. タブ「コストモニター」-「モニターを作成」 を選択

🔧設定例

支出をモニタリングする方法: 【AWS のサービス - 推奨事項】
モニターに名前を付ける: <任意>
しきい値: <任意>この金額(USD)以上だとアラート通知をアラート受信者へ送信する
(未満の異常検出はアラート通知はされないが、AWS マネジメントコンソール上の「検出履歴」に表示される)
アラート頻度: 【日次】
アラート受信者: <受信メールアドレス>