😊

VSCode と GitHub Action を使って typo を滅する

2022/12/12に公開約6,000字

PR のレビューで typo 指摘するのめんどくさくないですか?

筆者はコードレビューをする際に、 typo を指摘するのがずっとめんどくさいと思ってました。
そこで、CSpell の Code Spell Checker を普段使っている VSCode に入れています。
これで自分の typo は防げていたのですが、チーム開発では個人の努力だけではどうにもなりません。
また、チーム規模が大きくなるにつれてコントロールできず typo の波線がずっと表示されるなんてこともしばしば。..。
そこで今回は以下のような仕組み化で解決するようにしました。

  1. CI に typo 検知のワークフローを入れる
  2. VSCode を使っている開発者が辞書登録をしやすいようにする

それでは設定方法を見てみましょう。

VSCode Extension の導入

まずは VSCode の拡張機能である Code Spell Checker を入れます。

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=streetsidesoftware.code-spell-checker

基本的な使い方は割愛しますが、以下のように typo を検知してくれます。

detected a typo on VSCode

Quick Fix で辞書登録機能も提供しています。
Quick Fix Preview

またチーム開発でまだこの拡張機能を入れてないユーザ向けに推奨拡張機能として cSpell を入れておきます。

VSCode で Code Spell Checker を開き、 ⌘ Shift P でコマンドパレットを開きます。
Extensions: Add Extension to Workspace Folder Recommendations を選択することでプロジェクトルートに .vscode/extensions.json が生成されます。

how to add recommend extension for spell checker

内容としては以下の json です。

{
  "recommendations": ["streetsidesoftware.code-spell-checker"]
}

詳細はこちらの記事が分かりやすいので参考にしてください。

https://future-architect.github.io/articles/20200828/

package の導入

次に cSpell package を入れます。
$ yarn add -D cspell でインストールします。

cSpell 初期設定

cSpell 用ディレクトリの生成

project root に .cspell.json を作成する方法でも良いのですが、 cSpell の設定ファイルをまとめておきたいので今回は以下のようにプロジェクトルートにディレクトリを作成します。
$ mkdir .cspell

config file の生成

次に cSpell の config ファイルを生成します。
先ほど生成したディレクトリに $ touch .cspell/cspell.cjs でファイルを作成します。
*.json でもいいのですが、 cSpell は型情報を内包しているので型情報を活用することをお勧めします。
またコメントなども書けるのも良いですね。

config ファイルは以下のようにします。
他にも様々なオプションがありますがここでは割愛します。
詳細は公式ドキュメントを参照してください。

/** @type { import("@cspell/cspell-types").CSpellUserSettings } */
module.exports = {
  $schema:
    "https://raw.githubusercontent.com/streetsidesoftware/cspell/main/cspell.schema.json",
  version: "0.2",
  // dictionaryDefinitions[number].name と同じ名前を指定する
  dictionaries: ["words"],
  // カスタム辞書ファイル配列、複数指定可能
  dictionaryDefinitions: [
    // 辞書ファイル
    {
      name: "words",
      path: "./.cspell/words.txt",
      addWords: true,
    },
  ],
  // cSpell 除外設定
  ignorePaths: ["./words.txt"],
};

コメントにもあるように辞書ファイルを設定しています。
今回は 1 つの ./.cspell/words.txt だけですが、複数の辞書ファイルを設定することも可能です。

以下ポイントだけ押さえておきます。

  • dictionaries
    • dictionaryDefinitions[number].name と同じ名前を指定する
  • dictionaryDefinitions
    • 辞書ファイル
    • 拡張子は .txt
    • addWords: true で辞書ファイルに単語を追加できるようになる
  • ignorePaths
    • cSpell でチェックしないパスを指定する

最後に cspell.cjs で設定した辞書ファイルを $ touch .cspell/words.txt で生成します。

npm script の設定

"spell-check": "cspell lint './**/*' -c ./.cspell/cspell.cjs --gitignore --show-suggestions" を npm scripts に設定します。

--show-suggestions は typo の候補を表示するオプションです。

--gitignore は gitignore に記載されているファイルを除外するオプションです。

試しに README に typo を入れて $ yarn spell-check を実行してみます。
detect a typo

Setuup が typo として検知されました。
--show-suggestions で typo の候補が表示されていますね。
今回だと [setup, stepup, setula, setups, setout] です。

これで npm script でタイポを検知できるようになりました。
GitHub Actions を使わずに husky を使ってカバーするのもお勧めです。
以下の記事で詳しく解説されています。

https://zenn.dev/luvmini511/articles/ade1f0e4b64770

さて次は VSCode の設定を見直します。

VSCode での cspell の設定

VSCode で気軽に共通の辞書ファイルへの登録ができるように .vscode/settings.json を生成し、以下の項目を追加します。
この内容は .cspell/cspell.cjs の customDictionaryDefinitions と同じです。
二度手間になるのは気になりますが、そこまで頻繁に更新するものではないのでまだ良いかと感じています。
もし、共通管理できる方法をご存知の方がいましたら教えていただけると嬉しいです。

{
  "cSpell.customDictionaries": {
    "words": {
      "name": "words",
      "path": "${workspaceRoot}/.cspell/words.txt",
      "description": "Words used in this project",
      "addWords": true
    },
    "custom": true, // Enable the `custom` dictionary
    "internal-terms": false // Disable the `internal-terms` dictionary
  }
}

これにより VSCode の Quick Fix でカスタム辞書に単語を追加できるようになります。

Quick Fix to adding the customized dict a word

GitHub Actions での cspell の設定

最後は、 GitHub Actions を使って CI でタイポを検知する設定を行います。
$ mkdir -p .github/workflows と入力し .github/workflows ディレクトリを作成します。
次に $ touch .github/workflows/spell-check.yaml で GitHub Actions の設定ファイルを作成します。
今回は typo を検知した際に reviewdog でファイルにコメントを残すようにしています。
reviewdog の詳細は割愛しますが、以下の記事が参考になります。

https://zenn.dev/peraichi_blog/articles/01fy360dgteynbfv5tj3q6smv5

GitHub Actions の設定

この設定では、コミットの修正範囲のファイルのみに対象を絞っています。
こうすることで、既存プロジェクトに徐々に導入できます。

name: spell-check

on:
  push:
    branches: [main]
  pull_request:
    branches: [main]

jobs:
  spell-check:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v2
        with:
          fetch-depth: 0
      - uses: reviewdog/action-setup@v1
        with:
          reviewdog_version: latest
      - uses: actions/setup-node@v2
        with:
          node-version: "18.x"
      - name: Install dependencies
        run: yarn --frozen-lockfile
        shell: bash
      - uses: reviewdog/action-setup@v1
        with:
          reviewdog_version: latest
      - name: execute spell-check
        env:
          REVIEWDOG_GITHUB_API_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
        run: |
          git diff remotes/origin/$GITHUB_BASE_REF --name-only \
            | yarn spell-check \
            | reviewdog -efm="%f:%l:%c - %m" -reporter=github-pr-check

実際の挙動

以下に reviewdog でコメントされた例を載せておきます。

https://github.com/75asa/cSpell-template/pull/1

CI の設定でエラーと判定することも可能ですが、今回はしていません。
#1 で Revewdog でコメントされた typo をあえて無視して次の PR を作成してみました。

https://github.com/75asa/cSpell-template/pull/3

ここでは package.json のみを修正しているため、 #1 でコメントされた typo は無視されています。

まとめ

コードレビューで typo を指摘するのがめんどくさい方、またはすでに typo だらけで徐々に改善したいと思っているほうにおすすめです。

FYI

https://t-yng.jp/post/spell-check-ci
https://dev-yakuza.posstree.com/linter/cspell/

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます