🐈

Laravel9+Vue2+VuetifyでSPA環境構築

2022/02/21に公開

はじめに

こちらの記事の続きなので、LaravelのDocker環境を構築した前提で書きます。
https://zenn.dev/404_notfound/articles/38e296b353c02e

また、前回の記事を書いてるタイミングでLaravel9が出たんでせっかくだから9でやります。

BladeとRouteを設定

Bladeを作成

app.blade.phpを作成して下記記述。

resource/views/app.blade.php
<!DOCTYPE html>
<html lang="{{ str_replace('_', '-', app()->getLocale()) }}">

<head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

    <title>Laravel</title>
    <!-- Fonts -->
    <link href="https://fonts.googleapis.com/css2?family=Nunito:wght@400;600;700&display=swap" rel="stylesheet">
    <!-- Scripts -->
    <script src="{{ asset('js/app.js') }}" defer></script>
    <!-- Styles -->
    <link href="{{ asset('css/app.css') }}" rel="stylesheet">
</head>
<body>
    <div id="app"></div>
</body>
</html>

ルーティング変更

ルーティング設定で常にappを表示するよう設定。

routes/web.php
Route::get('/{any?}', function () {
    return view('app');
})->where('any', '.+');

Vueセットアップ

Vueのインストール

下記コマンドでVueをインストール。
Vuetifyを入れたいので2.6で入れます。

npm install vue@2.6 --save-dev

package.jsonを確認してしっかりインストールされていることを確認。

package.json
"devDependencies": {
	(略),
        "vue": "^2.64",
}

Vueの設定あれこれ

app.jsファイルを開き、元の記述を削除して下記に書き換えます。

resource/js/app.js
require('./bootstrap');
import Vue from 'vue'

new Vue({
    el: '#app',
    template: '<h1>Hello world</h1>'
})

次にwebpack.mix.jsを開いてLaravelMixの設定にVueを使用するよう追加。

webpack.mix.js
mix.js('resources/js/app.js', 'public/js').
    vue(). //←これを追加
    postCss('resources/css/app.css', 'public/css', [
        require('postcss-import'),
        require('tailwindcss'),
        require('autoprefixer'),
    ]);

この状態でnpm run devを実行すると、vue-loaderが足りないと怒られます。

npm run dev
> @ dev /var/www/html/lara_base
> npm run development
> @ development /var/www/html/lara_base
> mix
        Additional dependencies must be installed. This will only take a moment.
        Running: npm install vue-template-compiler vue-loader@^15.9.7 --save-dev --legacy-peer-deps
        Finished. Please run Mix again.

コンソールに表示されているコマンドでインストールして再度ビルド実行。

npm install vue-template-compiler vue-loader@^15.9.7 --save-dev --legacy-peer-deps
npm run dev
✔ Compiled Successfully in 1653ms
┌───────────────────────────────────────────────────────┬─────────┐
│                                                  File │ Size    │
├───────────────────────────────────────────────────────┼─────────┤
│                                            /js/app.js │ 924 KiB │
│                                           css/app.css │ 29 KiB  │
└───────────────────────────────────────────────────────┴─────────┘
webpack compiled successfully

成功!ヤッタネ!

SPA環境構築

ページ遷移したりSPAっぽくしていきます。

VueRouterをインストール

VueRouterをインストール。

npm install -D vue-router@3

※Vue-router4以降はVue3向けのため3を入れます。

Rootコンポーネント作成

全ての元になる下記のRootコンポーネントを作成

resource/js/App.vue
<template>
  <div>
    <main>
      <div class="container">
        <RouterView />
      </div>
    </main>
  </div>
</template>

表示するページを作成。

とりあえず適当にWelcomeとAoutページを作成。
resouce/js下に「Pages」ディレクトリを作成して、Welcome.vueとAbout.vueを追加します。

resource/js/Pages/About.vue
<template>
  <h1>About!</h1>
</template>
resource/js/Pages/Welcome.vue
<template>
  <h1>Welcome(ようこそ)!</h1>
</template>

ルーティング作成

JS側のルーティングを作成します。
jsディレクトリ下にrouter.jsを作成。

resource/js/router.js
import Vue from 'vue'
import VueRouter from 'vue-router'

import About from './Pages/About.vue'
import Welcome from './Pages/Welcome.vue'

Vue.use(VueRouter)

const routes = [
    {
        path: '/',
        component: Welcome
    },
    {
        path: '/about',
        component: About
    }
]

const router = new VueRouter({
    mode: 'history',
    routes
})

export default router

app.jsを編集

最後にapp.jsを編集してrouterやRootページを読み込む設定を記述します。

resource/js/app.js
require('./bootstrap');
import Vue from 'vue'
import router from './router'   // 追加
import App from './App.vue'     // 追加

new Vue({
    el: '#app',
    router, // 追加
    components: { App }, ///追加
    template: '<App />' // ルートコンポーネントを描画する
})

表示確認

Laravelサーバを起動して確認します。
下記コマンドを叩いてビルド&テスト用サーバ起動

npm run dev
php artisan serve --host=0.0.0.0 --port=8081

http://127.0.0.1:8081/ にアクセスすると変態仮面のセリフが表示され、
http://127.0.0.1:8081/about へアクセスするとAboutページが表示されます。
やったね!

Vuetify導入

Vuetifyをインストール

これだけだと味気ないのでVuetifyを入れてきれいにします。
コマンドでVuetifyと依存関係をインストール。

npm install vuetify -D
npm install sass@~1.32 sass-loader deepmerge -D

app.js変更

app.jsを下記内容に書き換えます。

resource/js/app.js
require('./bootstrap');
import Vue from 'vue'
import router from './router'
import App from './App.vue'
import Vuetify from 'vuetify';   // 追加

Vue.use(Vuetify);

new Vue({
    el: '#app',
    router,
    components: { App },
    template: '<App />',
    vuetify: new Vuetify(), //追加
})

装飾ファイルを読み込む

sassディレクトリを作成して中に下記内容でapp.scssを設置します。

./resource/sass/app.scss
@import '~vuetify/dist/vuetify.min.css';

SCSSのビルド設定を記載

webpack.mix.jsにresource/cssではなくsassディレクトリ内のファイルを読み込むよう変更します。
末尾に下記を追記してください。

webpack.mix.js
mix.sass('resources/sass/app.sass', 'public/css'); //追加

この状態でnpm run devを実行すると、resolve-url-loaderが足りないと怒られます。

npm run dev
> @ dev /var/www/html/lara_base
> npm run development
> @ development /var/www/html/lara_base
> mix
        Additional dependencies must be installed. This will only take a moment.
        Running: npm install resolve-url-loader@^5.0.0 --save-dev --legacy-peer-deps
        Finished. Please run Mix again.

表示されているコマンドでインストールして再度ビルド実行すると問題なく通ります。

コンポーネントの設置

Vuetifyを使えるようにApp.vueを書き換えます。

resource/js/App.vue
<template>
  <v-app>
    <v-main>
      <v-container>
        <RouterView />
      </v-container>
    </v-main>
  </v-app>
</template>

次にWelcome.vueにカードコンポーネントを記載。

resource/js/Pages/Welcome.vue
<template>
  <v-card class="mx-auto" max-width="344" outlined>
    <v-list-item three-line>
      <v-list-item-content>
        <div class="text-overline mb-4">OVERLINE</div>
        <v-list-item-title class="text-h5 mb-1"> Headline 5 </v-list-item-title>
        <v-list-item-subtitle
          >Greyhound divisely hello coldly fonwderfully</v-list-item-subtitle
        >
      </v-list-item-content>

      <v-list-item-avatar tile size="80" color="grey"></v-list-item-avatar>
    </v-list-item>

    <v-card-actions>
      <v-btn outlined rounded text> Button </v-btn>
    </v-card-actions>
  </v-card>
</template>

表示確認

最後にhttp://127.0.0.1:8081/ にアクセスするとカードコンポーネントが表示されます。

疲れた.。。

今回の内容は下記に置いておきます。
https://github.com/404hiro/lara_base/tree/laravel9

参考

https://reffect.co.jp/laravel/laravel-vue3-react
https://www.hypertextcandy.com/vue-laravel-tutorial-setting-up-spa-project
https://readouble.com/laravel/9.x/ja/mix.html

Discussion

ログインするとコメントできます