ArchLinux Install Battle(any%)

1 min読了の目安(約1000字TECH技術記事

はじめに

2020/11 から始まった、ものづくりをする高校生のための新しいグループ、「Palettte」が主催する Palettte Advent Calendar 2020 の18日目の記事となります。

今回はArchLinux環境の(おそらく)最速構築の記事です。
WSLを使って構築するので生(?)のArchLinuxの情報を求めている方はブラウザバック推奨です。

なんでWSL

  • 通常のArchのインストールと比べめちゃくちゃ楽だから
  • 単純にWindowsが好きだから

ArchLinuxのインストール

WSLの場合はArch、WSL2の場合はArchWSL2をダウンロードして適当な場所に展開します。その際、展開した場所にArchLinuxがインストールされるのでわかり易い場所に展開するようにしましょう。
その後、Arch.exe(Arch2.exe)を実行します。これでArchLinuxのインストールは完了です。

完走した感想ですが、こんな出落ち記事書いて本当に申し訳ないと思っています。はい。

ユーザー作成とか

流石にこれで終わるわけにもいかないので諸々の初期設定まで書きます。

export USERNAME='hoge' #ユーザー名の設定(hogeの部分を置き換え)
useradd -g wheel -d /home/$USERNAME -m $USERNAME
passwd $USERNAME
visudo #%wheel ALL=(ALL) ALLを有効化

その後、powershellでArchを展開した場所に移動して以下のコマンドでデフォルトのユーザーを変更します。

Arch.exe config --default-user ユーザー名

おわりに

WSLを使うことで面倒な作業をすることなくArchLinuxを使うことができます。
ArchLinuxの名前は聞いたことあるけど面倒で使ったことがない方などは一度WSLで試してみてからインストールしてみると良いかもしれません。