🐷

firewall-cmdチートシート

2022/09/05に公開約1,400字

Zone

Zone情報

# zone一覧を表示
firewall-cmd --get-zones

# すべてのZoneの設定状況を確認する
firewall-cmd --list-all-zones

# 特定のZoneの情報を調べる
firewall-cmd --list-all --zone=ゾーン名

デフォルトZone

# 表示
firewall-cmd --get-default-zones
# 設定
firewall-cmd --set-default-zone=ゾーン名

NIC

# NICに割り当てられているZone一覧
firewall-cmd --get-active-zones

# 特定のNICに割り当てられたZoneを確認する
firewall-cmd --get-zone-of-interface=NIC名

# NICをZoneに登録
firewall-cmd --change-interface=NIC名 --zone=ゾーン名

Service

# Zoneのサービスを表示
firewall-cmd --list-service --zone=ゾーン名

# Zoneに許可サービスを登録
firewall-cmd --add-service=サービス名 --zone=ゾーン名

# Zoneの許可サービスを削除
firewall-cmd --remove-service=サービス名 --zone=ゾーン名

Port

# Zoneのポートを表示
firewall-cmd --list-ports --zone=ゾーン名

# Zoneに許可ポートを登録
firewall-cmd --add-port=ポート名 --zone=ゾーン名

# Zoneの許可ポートを削除
firewall-cmd --remove-port=ポート名 --zone=ゾーン名

トラブルシューティング

firewall-cmdを終了しても変更されない場合

firewall-cmdでssh接続を許可したはずなのに反映されなかった場合、iptablesを直接いじり、その後firewall-cmdでもう一度設定するとわかりやすい。

# iptablesの状況を確認
sudo iptables -L

# すべて許可に設定する
sudo iptables -P INPUT ACCEPT
sudo iptables -P FORWARD ACCEPT
sudo iptables -P OUTPUT ACCEPT

参考記事

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます