🔍

高速で記述が簡単な find コマンドの代替「fd」

4 min read

まえがき

GNU find を使ってファイルを探すのにパラメータの指定に嫌気がさし、もっと便利なものがあるはずだと思って検索したら見つけた。

fd はたぶん同じように find のパターン指定の冗長さに嫌気がさした人が作ったんだと思う。

fd の特徴

  • はやい
  • パターンが短く書ける
  • デフォルトで正規表現を使える
  • スマートな case 判定:パターンに大文字を含む場合のみ大文字小文字を区別する
  • 結果が色付きで見やすい
  • . で始まるファイルや .gitignore で指定されたファイルをデフォルトで無視する
  • コマンドが find に比べて 50% 短い

インストール

ここに方法が書いてある。

Ubuntu 18 on WSL 2 へのインストール

dpkg を用いてインストールする。

wget https://github.com/sharkdp/fd/releases/download/v8.2.1/fd_8.2.1_amd64.deb
sudo dpkg -i fd_8.2.1_amd64.deb

Windows 10 へのインストール

Scoop もしくは Chocolatey を使ってインストールできる。

scoop install fd

使い方の例

ファイル名で検索

fd に続けてパターンを指定するとファイル名・ディレクトリ名で検索できる。

$ fd pon
components
img/pon.svg

ディレクトリ内を検索

GNU find と違い fd pattern... directory のようにパターンとディレクトリが逆順になる。

$ fd pon img
img/pon.svg

デフォルトで正規表現が使える

$ fd '^a.*e$'
App.vue
components/pages/ApplyDone.vue
components/pages/ApplyForm.vue
components/pages/ApplyIndex.vue

ファイル名の OR 条件で検索

正規表現が使えるので | を使用すればよい。

$ fd 'copy|preview'
src\css\public\sections\preview.styl
tasks\copy.js

拡張子で検索

-e ext または --extension ext を指定すると拡張子で検索できる。. は不要。複数指定すると OR 検索になる。

$ fd -e js -e vue
App.vue
ajaxzip.js
api.js
...

拡張子と名前の組み合わせ

単純にそれぞれを順不同で並べる。下記の例では fd map -e xml としてもよい。

$ fd -e xml map
common/views/sitemap.xml

特定のパターンを除外する

-E pattern または --exclude pattern で特定のファイルやディレクトリを除外できる。

$ fd map -E vendor
common/supports/SitemapBase.php
common/views/partials/use_google_maps.html
common/views/sitemap.xml

ここは正規表現ではなく glob 形式となっている。

$ fd map -E '*.bak'

ファイルのみ、ディレクトリのみを検索する

-t または --type に続けてファイルの種類を指定する。種類は次の通り。

  • f または file …… 通常のファイル
  • d または directory …… ディレクトリ
  • l または symlink …… シンボリックリンク (Windows ではジャンクションも含む)
  • e または empty …… 空のファイルまたはディレクトリ

このうち file, directory, symlink は複数指定すると OR 検索となる。empty は他の条件との AND 検索となる。

最大のディレクトリ階層を指定する

-d または --max-depth に続けて最大の階層数を指定する。

--max-depth 1 とするとカレントディレクトリのみから検索する。

検索結果に対してプログラムを実行する

-x または --exec に続けてコマンドを記述する。

後述のプレースホルダを記述しなかった場合は、コマンドの最後に引数として検索結果が追加される。

$ fd -e html map -x wc -l
49 public/views/sitemap.html
6 public/views/partials/require_google_maps.html
1 common/views/partials/use_google_maps.html

便利なプレースホルダを使って ImageMagick で形式を変換する例。

$ fd -e png -x convert {} {.}.jpg
==> convert image.png image.jpg のように展開される

プレースホルダは次のものが使用できる。

  • {}: 検索結果のパスそのまま (documents/images/party.jpg)
  • {.}: 拡張子を除いたもの (documents/images/party)
  • {/}: ファイル名 (basename) のみ (party.jpg)
  • {//}: 親ディレクトリ (documents/images)
  • {/.}: 拡張子を除いたファイル名 (basename) のみ (party)

ファイルサイズで検索する

-S または --size に続けてサイズを記述することでファイルサイズで検索できる。

  • fd -S +10M …… 10 MB 以上のファイルを検索
  • fd -S -1k …… 1 kB 以下のファイルを検索
  • fd -S 923b …… 923 バイトちょうどのファイルを検索
  • fd -S +10M -S -12M …… 10 MB 以上 12 MB 以下のファイルを検索

単位は 10 進の SI 接頭辞 (1 kB = 10³ bytes) の k, M, G, T と、2 進ベース (1 KiB = 2¹⁰ bytes) の Ki, Mi, Gi, Ti が使用できる。接頭辞のつかないバイト単位の場合は b をつける。大文字小文字どちらでもよい。

更新日時でファイルを検索する

--changed-within--changed-before に続けて日時や期間を指定する。

期間の指定に使える単位には、年 y year、月 month、週 w week、日 d day、時間 h hour、分 m min minute、秒 s sec second がある。

日時は YYYY-MM-DD HH:MM:SS 形式で記述し、ローカル時間ではなく UTC で指定する必要があることに注意。

例: 3時間以内に変更されたファイルを検索する

$ fd --changed-within 3h

例: 3年より前に変更されたファイルを検索する

$ fd --changed-before 3y

例: 2020年5月9日 00:00:00 (UTC) 以降に変更されたファイルを検索する

$ fd --changed-within '2020-05-09 00:00:00'

例: 2020年5月9日 00:00:00 (UTC) から 2020年5月12日 20:00:00 (UTC) の間に変更されたファイルを検索する

$ fd --changed-within '2020-05-09 00:00:00' --changed-before '2020-05-12 20:00:00'

Discussion

ログインするとコメントできます