🙄

JavaScriptの関数定義について

2023/01/19に公開約1,000字

JavaScriptの関数定義について記載します。

普通の関数定義

最も基本的な関数定義の方法です。

function triple(n) {
    return n * 3;
}

console.log(triple(3)); // 9

デフォルト引数

デフォルト値を設定することが出来ます。次の例は、引数を渡さない場合、2が設定されます。

function triple(n = 2) {
    return n * 3;
}

console.log(triple()); // 6

無名関数

関数名を明示せずに関数定義することも出来ます。

const tripe = (n) => n * 3;

console.log(tripe(2)); // 6

オブジェクトのプロパティ

オブジェクトのプロパティに関数を定義出来ます。

const obj = {
    hello() {
        console.log('hello');
    },

    bye() {
        console.log('bye');
    }
}

obj.hello(); // hello
obj.bye(); // bye

Functionオブジェクト

Functionを使って関数を定義出来ます。

const tripe = new Function('n', 'return n * 3');

console.log(tripe(2)); // 6

同期型コールバック関数

他の関数の引数として渡されて実行される関数を、コールバック関数という。次コードの場合、doubleとtripeがコールバック関数である。

function func(callback) {
    const two = 2;

    const result = callback(two);

    console.log(result);
}

const double = (n) => n * 2;
const tripe = (n) => n * 3;

func(double); // 4
func(tripe); // 6

Discussion

ログインするとコメントできます