語られることが少ないDBとUXの話

語られることが少ないDBとUXの話

無料で読める本薄い本

コンピューターの歴史の中でインターネットとデータベースは切っても切り離せない必要不可欠な存在になりました。現在のノイマン型コンピューターが登場したのは第二次世界大戦が終戦した1945年になります。その後データーベースの概念が登場したのは1959年の『Generalization: Key to successful electronic data processing』という論文が最初になります。またインターネットが普及し始めたのは2000年代前半です。 そしてユーザー体験(UX)が強く意識されるようになったのはスマートフォンの登場以降になります。この文章では、先行して開発されたデータベースがインターネットに繋がり、モバイルが登場しその後どのような進化を遂げたのかについて説明してこうと思います。

Author
1amageek

I am a geek. Firebase, Firestore 😎 Firebase Japan User Groupのオーガナイザー 半導体エンジニア、Timers , Cookpadを経て独立 新規事業の技術顧問としてあらゆる企業をバックアップさせて頂いております。 お困りごとがあれば何なりとご質問ください。

Topics
¥0今すぐ読む
公開
本文更新
文章量
9,982
価格
0