日本のサービスに追加したいReserved Username

1 min読了の目安(約1400字IDEAアイデア記事

初出:https://qiita.com/studio15/items/1bd593703b4e8c1caa39

TL;DR

registmypageを追加したい。

Reserved Username(予約済みユーザー名)とは

大抵のウェブサービスでは自分のアカウントURLを作るためのUsername(Screen Name)の設定があります。
例えばTwitterで言うと https://twitter.com/studio15 というURLのうちstudio15の部分がそれですね。
このUsernameというのはURLがスマートで覚えやすいものになるというメリットがあるのですが、adminhelpといったアカウント名をユーザーに取得されてしまった場合に公式アカウントと見間違えられてしまったり将来的に展開するページ名と競合してしまうというデメリットがあります。

そのため、現在のTwitterではTwitterやAdminという文字を含むアカウント名が利用できなくなっており、Twitter以外のサービスでもGitHub内で「Reserved Username」と検索したら出てくるようなリストに加えてサービス固有の名詞を予約済みとしているところが増えてきました。
例えばZennで言うとaboutfaqというUsernameがおそらく予約されています。

ただ、もちろんこれらの対策はブラックリスト式の制限なので、Zennで言えばzenn_officialcodebrewといったUsernameが取得可能になっており、全てを塞ごうとするといたちごっこ的な対応が必要になってしまいます。
なので個人的には神経質にリストを更新する必要はなく、出来合いのリストに少し手を加えるだけで良いと思っているのですが、出来合いのリストを見ていると「たぶん英語圏の人が作ったからこの単語が入っていない!」と思うことがたびたびあったので、その単語をここに挙げます。

追加したいもの

regist

日本古来からユーザー登録ページに使用される単語で日本ハッカー協会も採用しているほどありふれているのですが、世界的にはregisterが一般的でReserved Username Listに載っているのはほとんどregisterのみです。
refererがスペルミスなのに浸透してしまったように、registも日本では浸透してしまっているので予約しておきたいです。

mypage

こちらの単語も日本のサービスではよく見かけますし、たまに海外のサービスでも見かけるのですが、海外のサービスだとhomeaccountsといった単語の方がよく用いられているからか、あまりリストに入っているのを見たことがありません。

というわけで

「これも入れたい!」というものがあればコメントをお待ちしております。