🐳

ALB + ECSの動的ポートマッピングでローリングアップデートをする

2022/12/04に公開約2,200字

ローリングアップデート

ECSでローリングアップデートを行う場合
Desired countと、Minimum percent、Maximum percentを
設定する必要がある。

Desired count:4 min:50% max:100% の場合

https___qiita-image-store.s3.amazonaws.com_0_268339_a2bea8c3-02f3-7a9a-b018-f2a9d82c3cd7.jpeg

最低50%まで減少し、最大100%まで増加する。
一気に新しくなるのではなく、50%まで縮小し、徐々に入れ替わっていく。

Desired count:4 min:100% max:200% の場合

20161102132307.png

最低でも100%は維持し、最高200%まで増加する。
一気に新しいコンテナをデプロイすることができるが、
その分のリソースが必要となる。

ALBの設定

ALBを作成するときに

ターゲットの登録でEC2インスタンスの登録は行わない。

あとでコンテナを起動した際に、ALBが自動で登録してくれる。

ECSの設定

ECSのホストポートを0に指定する。

https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/268339/d99255f9-efbd-4989-88da-6513b8785718.png

(今回コンテナポートは3000を使用している)

そうすることでホストポートは
コンテナインスタンスの一時ポート範囲から動的に選択される。
(最新のAmazon ECS-optimized AMIでは32768-61000)

Desired count:4 min:50% max:100%で設定する。

https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/268339/80f28fd3-678c-27e4-812d-e757b962d868.png

ECSのサービス登録時に、作成したALBを設定する。

https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/268339/33b79ffb-0156-1fd1-dbd2-e3de6ca39eb6.png

動的に付与されたポートが、ターゲットグループに登録されている。

余談1 : 80ポートでローリングアップデートをする

初めはホストポートを明示的に80としていた。

codepipelineでタスク定義を更新してデプロイすると
既に80が使用されている というエラーとなってしまい
ローリングアップデートができなかった。

だが、80ポートでローリングアップデートする方法があった。

ECSのMinimum percentを0%、Maximum percentを100%に設定する。

そうすれば80ポートで稼働するコンテナが存在しても、
デプロイ時に0%となるのでローリングアップデートは可能となった。

だが、これだとダウンタイムが発生してしまう。
コンテナがデプロイされるまでの間にアクセスされた場合
503となるので、この方法は現実的に不可能である。

余談2 : ALBのヘルスチェックが死ぬ

複数コンテナを起動することができたが
ALBのヘルスチェックがunhealthyとなってしまう。

EC2のパブリックIPに該当ポートでアクセスすると表示できるのに、
ALB経由(ドメイン)でアクセスすると503となる。

直前にベーシック認証を設定したため、
ALBが200を返していないのかと思ったが
ベーシック認証を外してもunhealthyとなってしまう。

単純に、ホストポート(32768-61000)を
セキュリティグループのインバウンドに設定し忘れていた。

くだらないミス。

Discussion

ログインするとコメントできます