📝

VSCode ${workspaceFolder} を使って settings.json に汎用的な設定を記述する

1 min read

Python パッケージ群のインテリセンスを有効化するため、各ワークスペースの .vscode/settings.jsonpython.autoComplete.extraPaths[1] を設定していましたが、開発環境が増えると設定が億劫になってきました。

グローバルな settings.json[2] に設定を写し、億劫さが解消できたのでメモを残します。

結論: ${workspaceFolder} を使用する

https://code.visualstudio.com/docs/editor/variables-reference

前述の VSCode で使用可能な変数のなかに、ワークスペースのルートである ${workspaceFolder} を使用します。

設定例: python.autoComplete.extraPaths の場合

venv を利用している場合、{venvのroot}/lib/python{X.Y}/site-package 配下に pip install したパッケージ群が配置されます。

venv を利用しているワークスペースごと、パッケージ群のインテリセンスを有効にする場合、次のように設定します。

settings.json
{
    "python.autoComplete.extraPaths": [
        "${workspaceFolder}/**/lib/**/site-packages/"
    ],
}

おわり

${workspaceFolder} 以外にも使用可能な変数がありますので、設定が楽にできそうか参考にしてみてください。

不備などありましたら、フィードバックいただけると助かります。🙏

脚注
  1. 詳しくは https://code.visualstudio.com/docs/python/editing#_enable-intellisense-for-custom-package-locations ↩︎

  2. https://code.visualstudio.com/docs/getstarted/settingsUser Settings のこと ↩︎

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます