🌊

A Vast Emptiness – 2016/04/11

2022/05/28に公開約1,200字

A Vast Emptiness

3つのコードが A Vast Emptiness ポストの中に見つかりました。

[1] werrrxxoccerrwxxocccewxxocccewxxxcccerrrxxoerrwxocccewxxocccrc
[2] lvvydevvvgmpfylvfelwtnsejmmttmvdzslmnmlhmomlo
[3] 110112-4111159231301682-51221311401421511671111-613212015

Code #1

[1] werrrxxoccerrwxxocccewxxocccewxxxcccerrrxxoerrwxocccewxxocccrc

限られた文字しか見られず、同じ文字の繰り返しも多く見られます。

ヒント: Atbash を使用すると、見たことのある何かが見つかります。
dviiicclxxviidcclxxxvdcclxxxvdcccxxxviiicclviidclxxxvdcclxxxix

解法

暗号文字列を atbash してローマ数字で表現されているとして置換すると、

dviii -> 508
cclxxvii -> 277
dcclxxxv -> 785
dcclxxxv -> 785
dcccxxxviii -> 838
cclvii -> 257
dclxxxv -> 685
dcclxxxix -> 789

そして、すべてをつなぎ合わせると、
508277785785838257685789

我々は、パスコは 2~9 の数字(ASCII コードでは 50~57)で始まることを知っているので、数字のペアを試します。
50 82 77 78 57 85 83 82 57 68 57 89

ASCII コードを文字に治すと、最後にパスコードを得ます。
2RMN9USR9D9Y

Code #2

[2] lvvydevvvgmpfylvfelwtnsejmmttmvdzslmnmlhmomlo

今の時点では、解法が公になっていません。

Code #3

[3] 110112-4111159231301682-51221311401421511671111-613212015

今の時点では、解法が公になっていません。

Discussion

ログインするとコメントできます