😸

【Next.js】基礎から始めるNext.js API Routes【4Prisma Client】

2022/12/12に公開約900字

【4Prisma Client】

YouTube: https://youtu.be/31vPlG13cvU

https://youtu.be/31vPlG13cvU

今回は「Prisma Client」を使用して、前回作成したデータを
「Next.Js」から取得できるように実装を進めていきます。

フォルダの一番上の階層に以下のファイルを作成します。

utils/prismaClient.ts
import { PrismaClient } from '@prisma/client'

export const prisma = new PrismaClient()

次に、「pages」の「api」フォルダの中に「users」フォルダを作成して、
その中に以下のファイルを作成します。

こちらのファイルを作成すると
「localhost:3000/api/users」にAPI用のルートが作成されます。

pages/api/users/index.ts
import type { NextApiRequest, NextApiResponse } from 'next'
import { prisma } from '../../../utils/prismaClient'

export default async function handler(
  req: NextApiRequest,
  res: NextApiResponse
) {
  const users = await prisma.user.findMany({
    select: {
      id: true,
      name: true,
      email: true,
    },
  })

  res.status(200).json(users)
}

「findMany」のような「Prisma」のメソッド等につきましては、
こちらを参考になさってください。

https://www.prisma.io/docs/concepts/components/prisma-client/crud

Discussion

ログインするとコメントできます