🐡

React tutorialで出てきた設計の概念

2 min read

Reactに入門しています。
日本語のチュートリアル記事の出来がかなり良いと聞いてましたが、実際良かったです。
初心者でも安心!と謳っていながら、途中でさらりと重要な設計の概念に触れている点に感動しました。感動したら勝手に記事にします📝

Reactで出てきた設計の概念

immutability(イミュータビリティ)

  • 複雑な機能が簡単に実装できる

イミュータビリティにより、複雑な機能の実装がとても簡単になります。このチュートリアルの後の部分で、三目並べの着手の履歴を振り返って以前の着手まで「巻き戻し」ができる「タイムトラベル」機能を実装します。このような機能はゲーム特有のものではありません。直接的なデータのミューテートを避けることで、ゲームの以前のヒストリをそのまま保って後で再利用することができるようになります。

  • 変更の検出

ミュータブル (mutable) なオブジェクトは中身が直接書き換えられるため、変更があったかどうかの検出が困難です。ミュータブルなオブジェクト変更の検出のためには、以前のコピーと比較してオブジェクトツリーの全体を走査する必要があります。
イミュータブルなオブジェクトでの変更の検出はとても簡単です。参照しているイミュータブルなオブジェクトが前と別のものであれば、変更があったということです。

Separation of concerns(SoC、関心の分離)

表示のためのロジックは、イベントへの応答や経時的な状態の変化、画面表示のためのデータを準備する方法といった、他の UI ロジックと本質的に結合したものであり、React はその事実を受け入れます。
マークアップとロジックを別々のファイルに書いて人為的に技術を分離するのではなく、React はマークアップとロジックを両方含む疎結合の「コンポーネント」という単位を用いて関心を分離します。

pure function(純関数)

コンポーネントを関数で宣言するかクラスで宣言するかに関わらず、自分自身の props は決して変更してはいけません。この sum 関数を考えましょう
このような関数は入力されたものを変更しようとせず、同じ入力に対し同じ結果を返すので “純粋 (pure)” であると言われます。

single responsibility principle(単一責任の原則)

しかし、どうやって単一のコンポーネントに括るべき範囲を見つけられるのでしょうか。ちょうど、新しい関数やオブジェクトをいつ作るのかを決めるときと、同じ手法が使えます。このような手法のひとつに、単一責任の原則 (single responsibility principle) があり、これはすなわち、ひとつのコンポーネントは理想的にはひとつのことだけをするべきだということです。将来、コンポーネントが肥大化してしまった場合には、小さなコンポーネントに分割するべきです。

single source of truth(信頼できる唯一の情報源)

React では、変更されうる状態は通常はコンポーネントの state プロパティに保持され、setState() 関数でのみ更新されます。
React の state を “信頼できる唯一の情報源 (single source of truth)” とすることで、上述の 2 つの状態を結合させることができます。そうすることで、フォームをレンダーしている React コンポーネントが、後続するユーザ入力でフォームで起きることも制御できるようになります。このような方法で React によって値が制御される入力フォーム要素は「制御されたコンポーネント」と呼ばれます。

don’t repeat yourself(DRYの原則)

適切に開発を進めていくにあたり、そのアプリに求められている更新可能な状態の最小構成を、最初に考えておいたほうがよいでしょう。ここで重要なのは、DRY (don’t repeat yourself)の原則です。アプリケーションが必要としている最小限の状態を把握しておき、他に必要なものが出てきたら、そのとき計算すればよいのです。例えば、TODO リストを作る場合、TODO の各項目を配列で保持するだけにし、個数のカウント用に別の state 変数を持たないようにします。その代わりに、TODO の項目数を表示したいのであれば、配列の length を使えばよいのです。

終わり

よくわかりました。

Discussion

ログインするとコメントできます