Chapter 22

ホスティングサービス

netlify.png

前章まででアプリケーションの開発が完了しました。ここからは、サイトを公開する方法について学んでいきましょう。

Gatsbyで作成したサイトは静的なサイトです。サイトを公開するには、Gatsbyによって生成されたHTML, CSS, JavaScriptなどのファイルをサーバーにホスティングする必要があります。
ここでは**「netlify」**という静的サイトをホスティングできるサービスを使っていきます。
netlifyは非常に手軽にサイトをホスティングでき、Gatsbyとの相性も良いです。そして、無料でホスティングできるという点も魅力的です。

ホスティングするまでの流れ

hosting.png

  1. GitHubから作成したサイトのリポジトリを取得します
  2. リポジトリのビルドジョブ(gatsby build)を開始します
  3. ビルド時にContentfulからデータを取得します
  4. 3のデータを反映させ静的なページを生成します

4で出来上がったページがホスティングされ公開されることで、ブラウザからサイトを確認できるようになります。
次のページからnetlifyの利用を開始し、サイトをホスティングしていきましょう。