🍎

isowords式のマルチモジュール構成のセットアップ手順

2023/01/07に公開約2,100字

https://github.com/pointfreeco/isowords

isowords を参考に、SwiftPMを利用したマルチモジュール構成をセットアップする。

手順

  1. xcworkspace作成

  2. rootディレクトリ配下にPackageディレクトリを作成

    • swift package init
    • xcworkspaceにdrag&drop
  3. xcodeproj(本体アプリ)作成

    • xcworkspaceに追加
    • 適宜ディレクトリを調整するのに合わせて、xcworkspace/content.xcworkspacedata のlocation= groupのFileRefを調整する
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <Workspace
       version = "1.0">
       <FileRef
          location = "group:ReactorSwiftUIExample/ReactorSwiftUIExample.xcodeproj">
       </FileRef>
       <FileRef
          location = "group:Demo.swiftpm">
       </FileRef>
       <FileRef
          location = "group:Package">
       </FileRef>
    </Workspace>
    
  4. Package/Package.swift にライブラリ・モジュールを定義

    let package = Package(
        name: "Package",
        products: [
    	    // Framework(BuildTargetとリンクする実行可能バイナリ)
            .library(name: "AppFeature", targets: ["FeatureA"]),
        ],
        dependencies: [
        ],
        targets: [
            // Module(importができる単位)
            .target(name: "FeatureA", dependencies: ["FeatureB"]),
            .target(name: "FeatureB", dependencies: [])
        ]
    )
    
  5. 4で作成したライブラリをxcodeprojにLinkする

Demo用のSwift Playgrounds Appの追加

https://qiita.com/usamik26/items/cf77148d7508fb0ca93c

Swift Playgrounds Appを使ってDemo用のAppを作成する。
本体Appで使用してるPackageをDemoAppのDependenciesに追加。必要なモジュールをTarget.dependenciesに追加することで必要最小限の構成でアプリを起動できる。

// Demo.swigtpm/Package.swift
let package = Package(
    ...
    dependencies: [
        .package(name: "Package", path: "../Package")
    ],
    targets: [
        .executableTarget(
            name: "AppModule",
            dependencies: [
	              // PackageのFatureAモジュールをDemoAppで使用できるように
                .product(name: "FeatureA", package: "Package", condition: nil)
            ]
        )
    ]
)

ここまで設定すると以下のようなXcode/Finder上の表示となる。

Xcode Finder

Discussion

ログインするとコメントできます