🧹

[Git] コミットの単位を編集したい時に使っているコマンド

2022/11/26に公開約2,400字

はじめに

PRを出す前など、コミットの単位をいい感じにまとめ直したくなる時がよくあると思います

そんな時に私がよく使っているコマンドを紹介します

コマンド

  • git rebase -i origin <branch名>
  • git reset HEAD

git rebase -i origin <branch名>

オプションの説明

  • iオプション: interactive(=対話)モードを使う
  • origin <branch名>: 編集対象が、現在のブランチで作ったコミットのみに限定できる
    • もちろんHEAD~のように指定しても大丈夫です

実行すると以下のようなinteractiveモードが開くと思います

interactiveモード
pick 05191fc first commit
pick 05120dd second commit
pick 05dc5b2 third commit

# Rebase 82f0447..05dc5b2 onto 05191fc
#
# Commands:
#  p, pick = use commit
#  r, reword = use commit, but edit the commit message
#  e, edit = use commit, but stop for amending
#  s, squash = use commit, but meld into previous commit
#  f, fixup = like "squash", but discard this commit's log message
#  x, exec = run command (the rest of the line) using shell
#
# If you remove a line here THAT COMMIT WILL BE LOST.
# However, if you remove everything, the rebase will be aborted.
#

ここで以下の3つをよく使うことが多いです

  • r(reward): コミット名を変える
  • f(fixup): コミットをひとつ前のものにまとめる
  • コミットの順番を変える(conflictしないようであれば)

ex. third commitfirst commitに含めたいとき

以下のようにするだけでできます

  • third commitfirst commitの次になるようcommitの順番を変える
  • third commitpickfにする
interactiveモード
pick 05191fc first commit
f 05dc5b2 third commit
pick 05120dd second commit

# Rebase 82f0447..05dc5b2 onto 05191fc
#
# Commands:
#  p, pick = use commit
#  r, reword = use commit, but edit the commit message
#  e, edit = use commit, but stop for amending
#  s, squash = use commit, but meld into previous commit
#  f, fixup = like "squash", but discard this commit's log message
#  x, exec = run command (the rest of the line) using shell
#
# If you remove a line here THAT COMMIT WILL BE LOST.
# However, if you remove everything, the rebase will be aborted.
#

補足)rebase -iの基本的な使い方はこちらの記事などをご覧ください

https://www.karakaram.com/git-rebase-i-usage/

git reset HEAD

  • 実装した変更はそのままにcommitをなくすことができます

    • commitの単位をまとめ直したいときに使うことが多いです
  • HEADの後ろに~をn個つけることで対象にしたいcommitをn個指定できます

補足)resetの基本的な使い方はこちらの記事などをご覧ください

https://www-creators.com/archives/1069


おまけ

過去のコミットに手をつけなくていい時

  • git add -p
  • git commit --amend

git add -p

通常のgit addではファイル単位でしか取り扱えません
しかし、pオプションをつけることで、より細かいコードのまとまり単位で取り扱うことができます

git commit --amend

git addでstageに乗せたものを現在のcommitに含めることができます

おわりに

commitの単位が汚いと

  • PRを見る側に負担を強いてしまう
  • 他の開発者や未来の自分にとってもcommitで行っている変更がわかりにくい

ということになるので、できる限りわかりやすくした方がいいですね

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます