🙄

OS別コマンド操作あれこれ

2024/06/15に公開

windowsコマンドプロンプトとmacOSターミナルとlinuxターミナルを同時に使うと、
OSでは使えないコマンドをたたいていることに気づかず
時間をつぶすことが多々あるので備忘録として残します。
以降コマンドプロンプト=ターミナルとして書いています。
macOSはlinuxの系統にいるので、たいていlinuxで使えるコマンドはmacOSでも使えます。

フォルダ構造をみる

windows

ターミナルで実行した場合はこれ。

dir

PowerShellの場合はこれでもできる

# フォルダ構造を全部表示
ls

linux/macOS

# フォルダ構造を全部表示したいとき
ls -la
# フォルダ直下のみ全部表示したいとき
ls -l

ファイル作成

空ファイルを作成する。windowsはパスを指定してファイル作成はできない。

windows

copy nul <ファイル名>

linux/macOS

touch <ファイル名>
# すでに存在するフォルダに対して作ることもできる
touch <ファイルパス>

画面のクリア

ターミナルにいっぱい出力してどれがどれだかわからないときに使う。
見える範囲のみきれいにしてくれる。

windows

cls

PowerShellの場合はこれでもできる

clear

linux/macOS

clear

シンボリックリンクを作成

windowsでは「ショートカット」といわれる。

windows

ファイル作成

# 管理者権限でターミナルを起動する必要がある
mklink <シンボリックリンク名> <参照するファイル名>

ディレクトリ作成

mklink /J <シンボリックリンクフォルダ名> <参照するフォルダ名>

linux/macOS

ファイル作成(ディレクトリ作成)

ln -s <参照するファイル名> <シンボリックリンクファイル名> 

今後新しく見つけたら更新していきます。
同時に複数OSターミナルを操作するといい頭の体操ってかんじですね...。

Discussion