📚

[Flutter]StateProviderのついての個人的まとめ

2022/08/29に公開約2,600字

StateProviderとは

参考資料(公式)

  • StateProvider はシンプルな(簡単な)値を管理するためproviderStateNotifierProvider の簡易版で、ステートの管理にわざわざ StateNotifier クラスを定義するほどではない場合に使う。
    (シンプルな値:int や String などを指す。例は以下)

要は

  • 比較的シンプルな値を扱うときはStateProviderで、クラスやその他だるいロジックがある時はStateNotifierProviderでプロバイダーを作る

StateProvider は UI 側で利用される シンプルなステート を管理するのにうってつけでしょう。 シンプルなステートとは、次のような型のステートのことを指します。

  • 列挙型(enum)、例えばフィルタの種類など
  • 文字列型、例えばテキストフィールドの入力内容など
  • bool 型、例えばチェックボックスの値など
  • 数値型、例えばページネーションのページ数やフォームの年齢など

逆に言えば、StateProvider は次のようなステートを公開するために使うべきではありません。

  • ステートの算出に何かしらのバリデーション(検証)ロジックが必要
  • ステート自体が複雑なオブジェクトである(カスタムのクラスや List/Map など)
  • ステートを変更するためのロジックが単純な count++ よりは高度である必要がある

使い所とsample code(とPoint)

使い所

  • ドロップダウンメニュー(押したら下にニューって伸びるメニュー)
  • テキストフィールド(入力できる欄)
  • チェックボックス(チェックマーク入れるアレ)
    など。

sample code(使うPoint)

参考資料

main.dart
final countProvider = StateProvider<int>((ref) => 0);
//②:グローバルに「countProvider」という名のProviderを設置した!

class CountSample extends ConsumerWidget {
  //①:ConsumerWidgetでラップし、状態を追えるようにする
  
  Widget build(BuildContext context, ScopedReader watch) {
    final count = watch(countProvider);
    //③:ここで更新された値が変数countに格納されている。その格納のためのwatch。

    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('Count Sample'),
      ),
      body: Center(
        child: Text('Tapped ${count.state} times.'),
      ),
      floatingActionButton: FloatingActionButton(
        onPressed: () {
          count.state++; 
          //count 変数内のstateに変更を加える。
          //するとプロバイダ(②)の状態を変更することになり、それを③で検知する流れになる
        },
        tooltip: 'Increment',
        child: Icon(Icons.add),
      ),
    );
  }
}

サンプルコードを見るときのPoint

  1. ConsumerWidgetでラップされるとproviderの状態の変化( ref というオブジェクトの値)を追える。
    (公式さんによるとウィジェットツリーの中で ref を取得する(状態を追う)には StatelessWidget を ConsumerWidget に置き換えるのが基本らしい。)

  2. Provider(今回は簡単な値なのでStateProvider)を使って、グローバルにプロバイダを設置
    (sample codeの1行目、final countProvider = StateProvider<int>((ref) => 0);の部分!)

  3. ref.watch: プロバイダの値を取得した上で、その変化を監視する。値が変化すると、その値に依存するウィジェットやプロバイダの更新が行われる
    (ref.watchの時点で状態を更新する。sample codeではその更新された値は「count」final count = watch(countProvider);という変数に入ってる)

※公式さんより一言

NOTE
機能の実装時には可能な限り ref.watch を使用するようにしてください。 ref.watch によりアプリはリアクティブかつ宣言的になり、コードの保守性を高めることができます。

ProviderとStateProviderの違い

  • Provider:読み取り専用。後から値を変更できない(状態変更できない)ことによる。
  • StateProvider:状態変更用。後から値を変更できる(状態変更できる)ことによる。

普通はProviderは状態管理の仕組みやから「Provider」では作らず、StateProviderやStateNotifierProviderでプロバイダを設置するのが普通と思う。



以上です。間違えが見つかり次第、或いは知識がアップデートされ次第改訂していきます。🙏
中国語でもちょっとずつ書いてみました。謝謝你的瀏覽

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます