• 削除部分はGUIで対応します
  • CLIが苦手な方も削除漏れにより課金が発生しないように確認をお願いします

■CodePipeline

  • パイプライン > ContainerHandsOn > パイプラインを削除する

■CodeDeploy

  • アプリケーション > ContainerHandsOn > アプリケーションの削除

■CodeBuild

  • ビルドプロジェクト > ContainerHandsOn > ビルドプロジェクトの削除
  • ビルド履歴 > 検索バーに「ContainerHandsOn」 > ビルドの削除

■CodeCommit

  • リポジトリ > ContainerHandsOn > リポジトリの削除

■EventBridge

  • ルール > ContainerHandsOn > 削除

■Cloud9

  • Your environments > ContainerHandsOn > Delete

■Elastic Container Service

  • タスク定義 > ContainerHandsOn > 全てのリビジョンを1つずつ登録解除
  • クラスター > ContainerHandsOn > サービスTAB > ContainerHandsOn > サービスを削除(強制削除)
  • クラスター > ContainerHandsOn > タスクTAB > 実行中タスクを選択 > 停止
  • クラスター > ContainerHandsOn > クラスターの削除

■VPC(エンドポイント)

  • エンドポイント > ContainerHandsOnの4行 > アクション > 削除
    (削除に数分時間を要しますが、お待ちください)

■EC2

  • ロードバランサー > ContainerHandsOn > リスナーTAB > 2行削除
  • ロードバランサー > ContainerHandsOn > アクション > 削除
  • ターゲットグループ > ContainerHandsOn > アクション > 削除
  • ターゲットグループ > ContainerHandsOn8080 > アクション > 削除
  • セキュリティグループ > ContainerHandsOn-PrivateSecurityGroup > インバウンドルール > インバウンドのルールを編集 > 2行削除
  • セキュリティグループ > ContainerHandsOn-PublicSecurityGroup > インバウンドルール > インバウンドのルールを編集 > 2行削除

■VPC(VPCの削除)

  • お使いのVPC > ContainerHandsOn > アクション > VPCの削除

■Elastic Container Registry

  • リポジトリ > jaws-days-2022/container-hands-on > 削除

■S3

  • バケット > ${YourName}-container-handson-yyymmddhh24miss > 空にする
  • バケット > ${YourName}-container-handson-yyymmddhh24miss > 削除

■CloudWatch

  • ロググループ > awslogs-container-hands-on > アクション > ロググループの削除
  • ロググループ > /aws/codebuild/ContainerHandsOn > アクション > ロググループの削除

■IAM

  • ロール > ContainerHandsOnForCloud9 > 削除
  • ロール > ContainerHandsOnForCodeBuild > 削除
  • ロール > ContainerHandsOnForCodeDeploy > 削除
  • ロール > ContainerHandsOnForPipeLine > 削除
  • ロール > ContainerHandsOnForEventBridge > 削除

■IAM(任意)

  • ロール > ecsTaskExecutionRole > 削除

ecsTaskExecutionRoleは、画面コンソールでのECSのタスク定義作成時に、「新しいロールの作成」を選択する自動的に作成されます。今後もECSサービスを利用するのであれば、残しておいても問題ないです。
Amazon ECS タスク実行IAM ロール