Open2

Blitz (Next.js) でのフラッシュメッセージの実装方法について

Blitz (Next.js) のような、SSR、CSR を含んだフレームワークにて、フラッシュメッセージを実装する方法について調べる。

はじめに、フラッシュメッセージとはなにかを復習。調べてみると、Ruby on Rails が発祥らしい。

https://guides.rubyonrails.org/action_controller_overview.html#the-flash

(適当訳)

5.2 フラッシュ

フラッシュは、 セッションの一部分 で、 リクエストごとにクリアされる 特徴を持つ。
これは、そのセッションに格納された値が次のリクエストでのみ使用できることを意味するもので、 エラーメッセージの受け渡しなどに役立つ。

ログインするとコメントできます