📝

VirtualBoxを使用したAndroidエミュレータ Genymotion を導入

2021/04/10に公開

Genymotion

VirtualBox を使用したAndroidエミュレータで、色々なバージョン&機種をエミュレートすることが可能。といっても全機種があるわけないのでそこらへんは割り切りです。
個人利用する分には無料ですが、商用利用する場合は有償となります。有償の部分は、開発に必要なAPIとかとかとか、まあお手軽に試すならまず無料でいいんじゃない?

Google Nexus, Galaxy, HTC, Xperia の 2.3, 4.1~4.4

参考サイト

超高速なAndroidエミュレータ「Genymotion」を試す
【追記アリ】Genymotion – PCでAndroidを起動してKindleも読める♪ インストールから「Google Play」導入方法までまとめ
GenymotionがVirtualBoxのネットワークが原因で起動しなかったときの対処法
超高速なAndroidエミュレータ「Genymotion」を試す

ダウンロード方法

まずユーザ登録(必須)。ユーザ登録をしてログインしないとダウンロードできません。それぞれのプラットフォーム(Windowx, Mac, Linux)用に提供されている Genymotion 本体をダウンロードします。
注意点として既に VirtualBox がインストールされている場合は、途中で「Oracle VirtualBox インストールする?」と聞いてきてもインストールしないこと(英語で聞いてくるよw)。上書きされ痛い目みるすw

インストール

はいはい、ってインストールすればよろし。初回起動すると「You have no virtual device availabe yet.」とあるので「Yes」を押下する。
genymotion_01.png

イメージのダウンロード

Andoridエミュレータのイメージのダウンロードには、ログインが必要。「Add」ボタン⇒「Connet」でログイン情報を入れるとイメージファイルの一覧が表示されるのでそこから選択する。だけw
genymotion_04.png

イメージを実行したときエラーが表示されるとき

「You have no virtual device availabe yet.」とあるので「Yes」を押下してもすでに複数のネットワークアダプタが設定されている場合は、正しくアタッチされないときがあるようです(私がそうでした)。また「no」押下した場合、ネットワークアダプタが無いし・・・まあ、追加すればいいだけなんだけどね。
genymotion_07.png

VirtualBoxの[ファイル] - [環境設定]からネットワークを選択しアダプタを確認する(無い場合は、追加する)。

アダプター
 IPv4アドレス:192.168.56.1
 IPv4ネットマスク:255.255.255.0

DHCPサーバ
 サーバーアドレス:192.168.56.100
 サーバーマスク:255.255.255.0
 アドレス下限:192.168.56.101
 アドレス上限:192.168.56.254

genymotion_09.png

あとは、起動に失敗している vm の設定で正しいネットワークアダプタを指定してあげるだけ。
genymotion_10.png

Genymotionを導入してみた エミュレータが起動しない対策

起動できたら 、Google Play を導入

初期の状態では「Google Play」がインストールされていないので、【追記アリ】Genymotion – PCでAndroidを起動してKindleも読める♪ インストールから「Google Play」導入方法までまとめさんの記事を参考にしながら必要な野良pkgをインストールするべし。ただ置いてあるサイトの広告がひどいので間違ってもADに引っ掛からないようにしてください。

ちなみに Android 4.3 で必須なpkgは、以下の2つ。

  • gapps-jb-20130813-signed.zip
  • Genymotion-ARM-Translation_v1.1.zip

あとは

日本語の設定したり, Google Play使うためにアカウント同期したり・・・。
すると。
genymotion_08.png

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます