Chapter 04無料公開

スマートコントラクト

masa
masa
2022.08.19に更新

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトは、ブロックチェーンを生成・検証するコンピュータのネットワーク上に保存されるロジックです。

ネットワークに対してデータの読み取りや書き込みなどの呼び出しが行われるたびにトリガーされます。

NEARのスマートコントラクト

NEAR上のすべてのスマートコントラクトは、WebAssemblyまたは単にWASMにコンパイルされている必要があります。

現在、スマートコントラクトを実装する言語としてRustとJavaScript(プレリリース)の2つの言語をサポートしていて、スマートコントラクトの作成を支援するSDKも提供しています。

どの言語を使用してスマートコントラクトを構築しても、一度WASMにコンパイルされれば、最終的にはNEARプラットフォーム上に全く同じようにデプロイされ実行されることを知っておいてください。

オススメの言語

特に理由がない限りrustを使うべきです。

理由はsolanaやpolkadotなどの他のメジャーなブロックチェーンもrustを利用しているからです。

rustはjavascriptと比較すると学習コストが高いですが、今後ブロックチェーン関係の仕事に携わっていきたいのであれば必須のスキルになります。

なので、長期的にweb3の仕事に携わっていくつもりであればrustのスキルは身につけておくべきです。