Closed4

ReactでTable+Treeを扱うライブラリの調査

調査中なのは

これらのライブラリにした経緯は openbase で調べた結果 カスタマイズ性が高そうだったため

material-ui でも実現可能っぽいが特化してるライブラリのほうがカスタマイズ色々出来る思い調査は見送った

react-table

メリット

  • カラム幅のリサイズやD&Dで入れ替え、固定領域とスクロール可能領域を分けたりとカスタマイズ色々出来る
  • 軽量というだけあってシンプル
  • 実装例が色々と提示してあって始めやすい
  • サイトのデザインが良い
  • DefinitelyTyped に型定義が用意されている

デメリット

  • カスタマイズしようとすると use〇〇 自体に型定義はあるが props の型定義を拡張して当てる必要がある
  • ドキュメントのサイドバーに出てくる広告が邪魔

react-virtualized

メリット

  • なんかイケてる

デメリット

  • Tableに特化したライブラリではないので情報が分かりにくい & 実装例が少ない
  • 同じことを実現しようとした時に2, 3個ほど実装方法があってベストプラクティスが分かりにくい

これらを組み合わせると良さそうという結論

tree: react-sortable-tree(react-virtualized で作られてる)
table: react-virtualized

このスクラップは2021/06/12にクローズされました
ログインするとコメントできます