Open1

静的コンテンツをGitHubからS3にデプロイする

GitHubにコンテンツを準備

  • リポジトリを作成
    • private にする
  • コンテンツをまるっとcommit→push

GitHub Actionsによるデプロイ

参考 : GitHub ActionsでウェブサイトをAmazon S3にデプロイする | DevelopersIO

対象のAWSアカウントにIAMユーザーを作成

  • IAM→「ユーザーを追加」
    • ユーザー詳細の設定
      • 適当な名前をつける
      • 「プログラムによるアクセス」をチェック
    • アクセス許可の設定
      • 既存のポリシーを直接アタッチ
      • AmazonS3FullAccess をチェック
    • タグ
      • 必要があれば設定
    • 確認
      • 名前、種類、ポリシーを確認して「ユーザーの作成」
    • 追加に成功したら「.csvのダウンロード」でcredencialを取得

GitHubにSecretsを設定

  • リポジトリ→Settings→Secrets→New repository secret
    • Name : AWS_ACCESS_KEY_ID / value : さっきのCSVから転記
    • Name : AWS_SECRET_ACCESS_KEY / value : さっきのCSVから転記
ログインするとコメントできます