📚

wordpress DB 復元して 別サーバーで表示

2021/08/04に公開約1,800字

前提

DBは復元してあります。
復元方法記事

https://zenn.dev/kuma2/articles/eae05cf6b86362

wordpressに必要なものに関してのインストールは省きます。

手順

今回は mariadb だったので、 Apacheと一緒に起動。

systemctl start mariadb
systmectl start httpd

起動も確認しておきましょう。

IPアドレスでアクセスすると、Wordpressからユーザー名や、DB名などが聞かれるので
いつも設定ファイルの書き換えを行います。

define( 'DB_NAME', 'worspressdbname' );

/** MySQL database username */
define( 'DB_USER', 'wordpres-user' );

/** MySQL database password */
define( 'DB_PASSWORD', 'wordpresspassword' );

/** MySQL hostname */
define( 'DB_HOST', 'localhost' );

/** Database charset to use in creating database tables. */
define( 'DB_CHARSET', 'utf8' );

/** The database collate type. Don't change this if in doubt. */
define( 'DB_COLLATE', '' );

DBの設定は復元の時点でやったことにしておきます。

もう一回IPアドレスでアクセスし、wordpressの設定を行えば、別サーバーに移管ができるのですが
自分がアクセスしたときは、ずっと表示がされませんでした。
原因はDB上に登録してある、IPアドレスの書いてあるURLが、持ってきた先のIPアドレスと違うから。

それの再設定もします。

>  select * from wp_options where option_name = 'siteurl';
+-----------+-------------+-------------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value                  | autoload |
+-----------+-------------+-------------------------------+----------+
|         1 | siteurl     | http://(現在登録のIPアドレス)/wordpress | yes    |
+-----------+-------------+-------------------------------+----------+

> update wp_options set option_value = 'http://(新しいIPアドレス)/wordpress' where option_name = 'siteurl';

> select * from wp_options where option_name = 'siteurl';
+-----------+-------------+------------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value                 | autoload |
+-----------+-------------+------------------------------+----------+
|         1 | siteurl     | http://(現在登録のIPアドレス)/wordpress | yes      |
+-----------+-------------+------------------------------+----------+

これをやれば晴れて見ることができました。

Discussion

ログインするとコメントできます