🙆‍♀️

rbenvインストール

1 min read

rbenvとは?

rbenvは、複数のRubyのバージョンを管理し、プロジェクトごとにRubyのバージョンを指定して使うことを可能としてくれるツールです。(yumのようなイメージ)
ちなみにenvとは、環境変数を設定して、コマンドを実行するコマンドのこと

(#rbenvのインストール) 
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv 

(#パスを通す)
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile 

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

(#.bash_profileの読み込み)
$ source .bash_profile  

(#ruby-buildのインストール)
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

(#rehashを行う) 
$ rbenv rehash  

ruby-build

ruby-build は、UNIX系のシステム上で異なるバージョンのRubyをコンパイルしインストールするための、 rbenv install コマンドを提供するrbenvのプラグインです。

rbenv rehash

rubyやgemをインストールして使えるコマンド(irb, gem, rake, rails, rubyなど)をバージョン毎に振り分けるフォルダ。

なぜPATHを通すのか?

https://linuc.org/study/knowledge/349/

ruby 2.1.3のインストール

$ rbenv install -v 2.1.3
$ rbenv global 2.1.3
$ rbenv rehash
$ ruby -v

rbenv globalとは

システム全体で使うrubyのバージョンを指定するコマンド

Discussion

ログインするとコメントできます