📋

Staticcheck の Check 番号の規則

2021/09/07に公開約800字

golint が duplicated となり、代わりに使用する linter として Go や Google がサポートする Staticcheck が候補に挙がるかと思います。Staticcheck はチェックする項目を一覧化しているため、何がチェックされるかをさらうことができます。

https://staticcheck.io/docs/checks

一方で、この Check のイニシャルが何を表すかぱっと見で分からなかったためまとめてみました。

SA: Static Analysis

静的解析した結果さまざまな問題を引き起こす可能性のあるコードを抽出してくれます。

Check Description
SA1 Various misuses of the standard library
SA2 Concurrency issues
SA3 Testing issues
SA4 Code that isn't really doing anything
SA5 Correctness issues
SA6 Performance issues
SA9 Dubious code constructs that have a high probability of being wrong

S: Simple

コードを単純化できる箇所を教えてくれます。

Check Description
S1 Code simplifications

ST: STylecheck

一般的なコーディング規約に違反している箇所を指摘してくれます。

Check Description
ST1 Stylistic issues

QF: Quick Fix

上記に挙げた以外でコードの見通しが良くなりそうな箇所を教えてくれます。

Check Description
QF1 Quickfixes

Discussion

ログインするとコメントできます