🐕

Go言語の開発環境を構築してみた(Windows編)

2022/03/31に公開約3,200字
1.GO言語とは

Go言語とは、検索エンジンとして馴染み深いGoogleが開発したプログラミング言語のこと。

「シンプルかつ高速な処理が可能なプログラミング言語」で、有名なWebサービスの開発や
サーバの構築などにも用いられています。

シンプルな構文である分「誰が読んでも分かるプログラムを書きやすい」という特徴があります。

そのため、複数人のエンジニアで並行してコーディングが行いやすく、
用途を問わず「規模の大きいシステム開発に最適な言語」と言えます。

処理速度の速さも相まって、同時にコーディングをしても作業効率が落ちにくい点は、
Go言語の大きな利点になります。

2.Go言語の開発環境を構築するにあたってインストールするツール

・Go SDK 1.14.4
・Visual Studio Code 1.65.2
・Git

3.Go SDK 1.14.4のインストール

1. Go SDKをダウンロードする。(今回はWindows)
  ※ダウンロード先:https://go.dev/dl/

2. ダウンロードした「go1.17.8.windows-amd64.msi」をインストールする。

3. 「I accept the terms in the License Agreement」にチェックがされていることを確認し、
  「Next」を押下する。

4. インストール先のディレクトリを確認し、「Next」を押下する。

5. 「Install」を押下する。(管理者権限を求められることもあります。)

6. 「Finish」を押下する。

7. Go SDKがインストールされたかを確認するため、コマンドプロンプトを起動し、
 「go version」と入力する。
 (コンソールに「go version go1.17.8 windows/amd64」と表示されれば、OK!)

4.Visual Studio Codeの設定

1. Visual Studio Codeは、下記のサイトを参考にインストールまで行ってください。
  ※参考:https://sukkiri.jp/technologies/devtools/vscode_win.html

2. Visual Studio Code(Code.exe)を起動する。

3. 下記の手順でGoを検索する。
  ①. Extensionの検索画面を開く。
  ②. 「go」で検索する。
  ③. [Go Team at Google]のGoエクステンションを選択する。

4. 「インストール」を押下する。

5. インストールが完了すると「無効にする」「アンインストール」が表示される。

6. 今回は、Cドライブ配下に「go_test」フォルダを作成し、「hello.go」ファイルを作成する。

7. Visual Studio Codeで、hello.goを下記のように編集する。

8. コマンドプロンプトで「go_test」に移動して、
 「go run hello.go」コマンドを入力して実行する。
 (「Hello!」と表示されれば成功です。)

5.Gitの設定

1. Gitは、下記のサイトを参考にインストールまで行ってください。
  ※参考:https://sukkiri.jp/technologies/devtools/git/git_win.html

2. 今回は、Cドライブ配下に「go_local」フォルダを作成し、「go.mod」ファイルを作成する。
 (※先程の「go_test」のフォルダとは別にすること。)

3. Visual Studio Codeで、go.modを下記のように編集する。

4. コマンドプロンプトでgo_localに移動して、
 「go get github.com/labstack/echo/v4@v4.1.16」コマンドを実行する。
  下記のように表示されれば成功です。

5. 「go.mod」ファイルを確認する。 
  「require github.com/labstack/echo/v4 v4.1.16 // indirect」の記述が追加されている。

6. 「go_local」フォルダに「server.go」ファイルを作成する。

7. Visual Studio Codeで、「server.go」を下記のように編集する。

8. コマンドプロンプトで「go_local」に移動して、 「go run server.go」コマンドを実行する。
  Windowsセキュリティの重要な警告が表示された場合は、[アクセスを許可する]を押下する。
  次のように表示されれば成功です。

9. ブラウザで「 http://localhost:1323 」にアクセスする。
 「Hello!」と表示されれば成功です。

10. 停止させる場合は、実行しているコマンドプロンプトで「Ctrl + C」を押下する。
  Echoが停止します。

6.まとめ

Goの開発環境について、実際にやってみたところ、詰まったりすることなく、構築出来ました。
次回は、Goの統合開発環境の「Lite IDE」の環境構築をしていこうと思います。
最後まで、読んでいただきまして、ありがとうございます。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます