🍣

「(静的サイトの)確認環境用意してください」って言われたときの対応策

1 min read

ご挨拶

こんにちは、kagekoです。
今回は「(静的サイトの)確認環境、御社の方で用意してください!」って言われたとき
「(静的サイトの)確認だけに注力した環境の用意方法」をご紹介します。
条件としては以下の通りです。

・無料で使うことができる
・Basic認証を使うことができる

1. Heroku

https://dashboard.heroku.com/

皆さんご存じのHerokuです。
無料プランでBasic認証を使うことができるので、ベストではないかと思います。
ただし、gitの使い方とnpm(yarn)の使い方を知っていないと、使うのは難しいと思います。

2. スターサーバーフリー

https://www.star.ne.jp/free/

無料レンタルサーバーの、スターサーバーフリー。
FTPソフトを使用してのアップロードになるので、比較的安易に利用することができます。
フリープランでBasic認証を使用することができるようです。

https://www.star.ne.jp/free/manual/homepage_password.php

3. エックスフリー

https://www.xfree.ne.jp/

無料レンタルサーバーの、エックスフリー。
「HTMLサーバー機能」「PHP・MySQLサーバー機能」「WordPress機能」の3プランがあります。
HTMLサーバー機能以外のプランは、広告ありのプランになります。
広告ありだとデザインチェックが厳しいので、静的サイトのみの対応になると思います。

https://www.xfree.ne.jp/manual/man_server_limit.php

さいごに

あくまで「本当に(静的サイトの)確認の環境を用意する必要」が出てきたときに、
対応できる方法を書きました。

自社開発のサービスや大規模なアプリの確認環境となると、有料のレンタルサーバーやクラウドサーバーを借りたほうが良いと思います。

以上。