🌊

ブラウザにデータを保存する3つの方法

2023/01/06に公開約500字

概要

ブラウザにデータを保存する3つの方法を簡単にまとめます。


ブラウザにデータを保存する3つの方法

① localStorage
→ 永続的にデータを保存できる

② sessionStorage
→ ブラウザやタブを閉じるまでの間データが保持できる

③ indexed Database
→ 永続的にデータを保存できる


localStorage, sessionStorage, indexedDB の特徴

localStorage, sessionStorage, indexedDB の特徴を以下に簡単にまとめます。

localStorage

  • 記述量が少なくて済む
  • 開発者のコード量が少なくて済む
  • ログイン情報とかブラウザにデータ保存する場合に使用
  • 同一オリジンポリシーにしたがっている

sessionStorage

  • 記述量が少なくて済む
  • 開発者のコード量が少なくて済む
  • スクロール量とかフォームの入力値の保存に使用

indexedDB

  • コードの記述量が増加する
  • 開発者の学習量が増える
  • localStorage, sessionStorageよりも容量が大きい

Discussion

ログインするとコメントできます