Open2

Elastic Beanstalkちゃんと理解する

アプリケーションの更新

5種類あるデプロイメントポリシーのうちのいずれかを使う

  • 1回にすべて(All at once)
  • ローリング(Rolling)
  • 追加バッチとローリング(Rolling with additional batch)
  • 変更不可(Immutable)
  • トラフィックの分割(Traffic splitting :ALBのみ使用可能、NLBやCLBでは使用不可)

以下のまとめが、絵付きでわかりやすい

https://dev.classmethod.jp/articles/elastic-beanstalk-deploy-policy/

ブルーグリーンデプロイメントもできるが、デプロイメントポリシーの1つにブルーグリーンがあるわけではなく、Swapという別の機能を使って実現している点に注意
(ひとつの環境をアップデートするのではなく、もう1つElasticBeanstalk環境を作って、URLだけ入れ替える)

環境の設定の更新

4種類ある

  • 無効(Disabled)
  • ヘルスにもとづくローリング(Rolling Based on Health)
  • 時間にもとづくローリング(Rolling Based on Time)
  • 変更不可(Immutable)

公式のドキュメント

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/latest/dg/environments-updating.html
ログインするとコメントできます