Open4

Universal Render Pipeline overviewを読む

The Universal Render Pipeline (URP) is a prebuilt Scriptable Render Pipeline, made by Unity. URP provides artist-friendly workflows that let you quickly and easily create optimized graphics across a range of platforms, from mobile to high-end consoles and PCs.

Universal Render Pipeline(URP)は、Unity製のプリビルドされたスクリプト可能なレンダーパイプラインです。URPは、モバイルからハイエンドコンソールやPCまで、さまざまなプラットフォームで最適化されたグラフィックスを迅速かつ容易に作成できる、アーティストフレンドリーなワークフローを提供します。

Requirements

For information about requirements and compatibility, see section Requirements.

Unity Editor compatibility

以下の表は、URPパッケージのバージョンとUnity Editorのバージョンごとの互換性を示しています。

Unity2021.1のリリース以降、グラフィックパッケージはUnityのコアパッケージとなっています。

Unityの各リリース(アルファ、ベータ、パッチリリース)ごとに、Unityのメインインストーラには、以下のグラフィックパッケージの最新版が含まれています。SRP Core、URP、HDRP、Shader Graph、VFX Graph。Unity 2021.1のリリース以降、パッケージマネージャーにはグラフィックパッケージのメジャーリビジョンのみが表示されます(Unity 2021.1.x の全リリースはバージョン 11.0.0、Unity 2021.2.x の全リリースはバージョン 12.0.0)。

パッケージマネージャを使用してディスクから、または manifest.json ファイルを修正して、異なるバージョンのグラフィックスパッケージをインストールすることができます。

Render pipeline compatibility

Projects made using URP are not compatible with the High Definition Render Pipeline (HDRP) or the Built-in Render Pipeline. Before you start development, you must decide which render pipeline to use in your Project. For information on choosing a render pipeline, see the Render Pipelines section of the Unity Manual.

URP を使用して作成されたプロジェクトは、HDRP(High Definition Render Pipeline)や内蔵レンダーパイプラインと 互換性がありません 。開発を開始する前に、プロジェクトで使用するレンダー パイプラインを決定する必要があります。レンダー パイプラインの選択に関する情報については、『Unity マニュアル』の「レンダー パイプライン」のセクションを参照してください。

Unity Player system requirements

This package does not add any extra platform-specific requirements. General system requirements for the Unity Player apply. For more information on Unity system requirements, see System requirements for Unity.
このパッケージは、プラットフォーム固有の要件を追加するものではありません。Unity Player の一般的なシステム要件が適用されます。Unity のシステム要件については、「Unity のシステム要件」を参照してください。

https://docs.unity3d.com/Packages/com.unity.render-pipelines.universal@13.1/manual/whats-new/urp-whats-new.html

What's new in URP 12 (Unity 2021.2)

URP 12の新機能、改善点、不具合修正点などの情報を掲載しています。

URP12での変更点の一覧は、「Changelog」を参照してください。

Features (特徴)

This section contains the overview of the new features in this release.

  • Scene Debug View Modes
  • Reflection probe blending and box projection support
  • URP Deferred Rendering Path
  • URP decal system
  • Depth prepass (Depth Priming Mode)
  • URP Light Cookies
  • Render Pipeline Converter
  • Motion Vectors
  • URP Volume system update frequency
  • URP Global Settings
  • Light Layers

New URP package samples

  • Lens Flare system
  • Enlighten Realtime GI
  • SpeedTree 8 vegetation
  • Shader Graph: Override Material properties

Improvements (改善点)

This section contains the overview of the major improvements in this release.

SSAO improvements

  • SSAO supports the Deferred Rendering Path.
  • Normal maps contribute to the effect.
  • SSAO supports Particle Systems and surfaces with Unlit shaders.
  • Performance is improved.
ログインするとコメントできます