👽

[Ruby gem]Fakerのlocaleを複数使い分ける方法

2022/02/19に公開

概要

Ruby gem Fakerのlocaleを複数使い分けたいと思ったのですが、方法をパッと調べても良さそうな方法が見当たらなかったので、自分が解決した方法を示します。

今回は英語用の Faker として EnFaker という class を作成することで、日本語の Faker と使い分けるようにしました。

コード

en_faker.rb
class EnFaker
  include Faker
  EnFaker::Config.locale = :en
end

Fakerlocale:ja の場合

実行結果

irb(main):001:0> Faker::Name.name
=> "山本 匠"
irb(main):002:0> EnFaker::Name.name
=> "Rev. Nicol Sanford"

Discussion

ログインするとコメントできます