📦

【AWS】Amazon S3について

1 min read

Amazon S3とは

「Amazon Simple Storage Service」の略。

Amazon S3はクラウド型オブジェクトストレージサービスです。

特徴として、安くて耐久性が高い。

(耐久性は99.999999999%らしい。。。超すごいことはわかる。。。)

Amazon S3は色んな種類のデータを安全に保存できるAWSのサービス

さて、ここで僕が思ったのが 「クラウド型オブジェクトストレージサービスって何?🤔」 ってことです。

Amazon S3の機能とかを書いていく前にまずは 「オブジェクトストレージ」 についてお話していきます。

オブジェクトストレージ

ストレージ

まずは ストレージについて。

データをしまっておくための媒体。
データをしまっておくための箱の様なもの。

オブジェクトストレージ

ストレージはデータをしまっておくための媒体です。

オブジェクトストレージはストレージのデータの格納方法の一つです。

オブジェクトストレージオブジェクト単位でデータを取り扱います。

オブジェクトにはIDが付与され、このIDでデータを管理する。

*普段、よく見かけるディレクトリ〜とかファイル〜とかは、ファイルストレージと呼ばれる格納方式です。

僕たちが普段よく見るファイルストレージと今回のAmazon S3の格納方のオブジェクトストレージの特徴を見比べてみましょう。

  • オブジェクトストレージ

フラットにデータが保存される。データの取り扱いはオブジェクト単位。オブジェクトには一意(被りのない)のIDが付与される。そのIDでデータにアクセスする。
大規模データ向き。

  • ファイルストレージ

階層的にデータが保存される。データの取り扱いはファイル。ファイルにはファイル名・作成日などの最低限のメタデータしか付与されない。階層をたどっていきデータにアクセスする。
小中規模データ向き。

まとめ

Amazon S3はオブジェクトストレージで大規模データの保存に向いているAWSのサービスの1つなんだなぁ〜🤔

この記事に訂正事項・付け足しなどありましたら、ぜひDiscussionの方へ書いてください🙇‍♂️

Discussion

ログインするとコメントできます